お子さんのムダ毛の悩み。どうしてますか?

大人から見て「うぶ毛」でも・・・

小さなお子さんでも、うぶ毛が濃いことで、

  • いじめに発展
  • 「ほかの子と違う」と自尊心の喪失
  • 肌を隠す服ばかりを選ぶ
  • プールなどに行きたがらない

など、その子の将来にかかわるような心の傷を負っているかもしれません。

第二次性徴期になり、ムダ毛やひげが目立つようになると、
成長の早い子ほど、仲間はずれやいじめの対象になりやすい場合があります。
大人になれば、大半が同じようになるムダ毛やひげですが、
性徴の差が大きい、小学校中学年ごろから中学校の時期は、
子ども同士のささいな指摘が、本人にとっては大きなショックになることもあります。

大人であれば、除毛なり脱毛なり対処法がたくさんありますが、
こどもたちは親御さんに自分から相談するでしょうか。
相談してくれれば良い。大人が対処してあげられるから。
親御さんでなくても、だれか信頼できる大人に打ち明けてくれれば良い。
大人たちが対処してあげられるから。

しかし、親御さんにとっては大切な大切なお子さんです。

  • 小さなお子さんにカミソリや除毛剤を使うのは気が引ける。
  • 繊細な年頃になったお子さんとムダ毛の話をするのは傷つけてしまうかもしれない。
  • まだ、ムダ毛が生えきっていないうちから脱毛に通わせていいものか悩む。

まだまだ様々な悩みがあると思います。
子どもの肌は大人の肌よりも皮膚が薄いので、
大人の肌ではなんの問題もない、除毛や脱毛が肌の負担になってしまうかもしれません。

では、親御さんや大人はそんな子どもたちが大人になるまで、
何をしてあげられるでしょうか。

してあげられることがあります。子どものためのムダ毛ケア

「まだ赤ちゃんだけど、産毛が濃くてどうしよう」と思っているお母さんもいるでしょう。
生まれだばかりだけ、産毛が濃く見える場合もありますし、赤ちゃんは日々大きくなります。
密度がへって気にならなくなるかもしれません。
神経質にならずに、赤ちゃんの日々の成長を楽しんでください。

もし、産毛が濃いままで、自分で鏡をみたり、手脚をみたりして、
産毛を気にし始めるようになったら、毛の処理を考えましょう。

そんな産毛の処理の1つの方法として、簡単かつ子どもの肌に負担が少ないのが、
一度カミソリで剃って、カミソリが当たった肌のケアと毛がのびてくるのを抑制する

という方法です。
そのとき、肌のケアと毛が伸びるのを抑制するためにおすすめするのが、
小さいお子様にも使える⇒お肌にやさしいつるピカジェル♪
というものです。

この「ムダ毛ケアジェル」を私は今まで知りませんでしたが、
長年の歴史があり、年々、進化して今に至っている商品です。

小さなお子さんでも使用できるよう作られていますので、
大人の方が使用しても全く問題ありません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA