マスク生活を快適にするマスク

マスクの不具合

コロナウィルスがはじまって、国内ではほぼ全員がマスク生活を送っていると思います。
しかし、マスクをすることでいろいろな不具合や不都合が起きているという方もたくさんいますよね。

  • マスクによる肌荒れやニキビで困っている方
  • 声が聞こえにくいので、仕事がしづらい方
  • 運動するのに呼吸がしづらい方
  • 子どもが嫌がってマスクをしない

こんな方は非常にたくさんいると思います。

先日、やっと歩き出したくらいの子どもが手作りの布マスクをしているのを見かけましたが、可愛いけど、苦しいだろうに、偉いなあと感心しました。

その一方で、ランニングをしている人を見かけなくなりました。
やっぱりマスクは辛いですよね。

マスクについては、衣料品メーカーはもちろん、スポーツ用品メーカーをはじめ、電機メーカーまでマスクを製作するようになりました。
しかし、スポーツ用品メーカーが販売していたマスクは、元々、あえて体に負荷をかけるためにトレーニングとしてマスクをとり入れるためのマスクを製作していたため、マスク製作の技術があったので、抽選販売をすぐに始められたのかなと思います。
いろいろな抽選マスクに応募して、最近になってやっと買えるようになってきました。
マスクをしたとき、ひんやりとする冷感マスクが多いように見受けます。

私はアレルギーがあるため、梅雨で花粉が飛べない時期以外はいつも医療用マスクをしています。
医療用の紙マスクはもともと安くはありませんが、医療用でなくても不織布マスクなど、どんなマスクも、コロナウィルスが流行し始めたときには、品切れが相次ぎ、製品があっても価格が高騰してしまっても、買わざるをえず、大枚をはたいて買いました。

医療用ではなくても不織布マスクや紙マスクも高騰し、品不足が起きていました。
しかし、最近は市販の洗える布マスクをしている方の方が多いように感じます。

私も自宅にいるときに、宅配の人などが来た場合など、ちょっとマスクをする時に布製のマスクをします。
立体マスクで会話がしやすいのはいいのですが、息をする度にパフパフとして、ちょっと動くと息苦しさを感じます。
これでは、運動するのはきついなあと感じます。

また、役所や公共機関の相談窓口ではマスクをした上で、飛沫感染予防のためビニールやアクリル板があって、いっそう聞き取りづらいなあと感じました。
「はい?」って何度も聞き返してしまいました。
相手に聞こえるように話すのも、大変なことですが、聴く方も大変です。

呼吸がしやすく、洗えるエコなマスクがあるといいなと感じています。
他社の布製の立体設計のマスクをして力仕事をしたことがありますが、ずれてしまったり、蒸れて暑かったりと不具合が多かったです。天気が雨で湿度が高かったということもあるでしょう。
やはり通気性や速乾性は重要だと感じます。

そんなときに見つけたマスクがあります。
株式会社D&Mの「ランナーマスク」
です。

「ランナーマスク」とは

このマスクは老舗のサポーターメーカーが開発したランニング向けのマスクです。
ランニングに負荷を加えるためではなく、マスクをしてのランニングが楽になるように作られているため、立体設計なのはもちろん、呼吸がしやすく、声が通りやすく出来ています。
そのため、会話や話をするのが仕事の方にもとてもおすすめです。

「呼吸がしやく、声がとおりやすい」ということは、子どももマスクをしていて楽ちんということですよね。
ランニング向けですので、体育の時間も楽に過ごせますね。
もちろん、サイズはS・M・L展開ですので、お子さんでも使用が可能です。

正面の内側はメッシュで通気性が抜群で、蒸れにくくなっています。
マスクのムレにより肌トラブルが起きているという方が多いので、通気性が抜群というのは、ありがたいです。

そして特殊フィルターを入れることで飛沫拡散を防止します。

また、蛍光インクでのロゴマークが入っているので、暗くなってからのランニングで目立つため、交通安全にもつながります。
暗くなってからの下校でも役に立ちますね。

速乾性のある素材でつくられていて、洗って繰り返し使えます。

そして何より安心の国内生産です。

「ランナーマスク」は呼吸が楽で、快適なマスクです。
スポーツをする人も、しない人も快適が一番ですね。
息ラクラク、快適マスクご購入はこちら