思春期ニキビとデリート肌のための簡単スキンケア

思春期ニキビ予防

洗顔フォームをいつから使い始めるか・・・
大人の皆さん。悩みませんでしたか?
また、お子さんをお持ちの方、悩んでいませんか?

10代ごろから、いわゆる思春期が始まります。
思春期には成長ホルモンがたくさん分泌され、皮脂腺を刺激することで、
皮脂が過剰に出ようになります。
その皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌が繁殖することで、ニキビになります。

そうすると、10代になり、鼻や額、頬が皮脂でテカり始めたら、
ニキビができる可能性がでてくる
ということです。
皮脂が多いとアクネ菌が繁殖しやすくなるし、アクネ菌に限らず、
雑菌も炎症を起こす原因になりますね。

そのころが、思春期ニキビの予防をし始めるタイミングでしょう。
でも、どの洗顔料を使ったらいいのか分からないですよね。
大概の人が通る道です。

とりあえず、ドラッグストアなどで販売されている手頃なニキビ対策の洗顔フォームを買うのが、一般的ですよね。
ところが、洗顔フォームを使い始めたら、ニキビがひどくなったことありませんか?
今考えてみれば、それもそうです。

私が思春期にニキビに悩んでいた頃は、おおよそ25年前ですが、
ニキビがひどいので皮膚科にもお世話になりました。
当時はしっかり洗うということが重視されていました。

  • 髪の生え際や顎、もみあげなどの洗顔料の洗い残しが原因になる
  • 洗顔フォームの泡立てがたりないといけない
  • 頬杖をつく癖があると、触れている頬にニキビができやすくなる
  • 前髪を下ろしていると、髪の触れるところにニキビができる

など、しっかり洗って、顔にさわらないというのが基本でした。

今もそうかもしれませんが、今ではこれだけではいけないことがわかってきました。
それが、「保湿」です。

洗顔料でしっかり皮脂をおとしたら、保湿をして、
適度な皮脂量と水分量を保つことが大切
だとされています。

私が思春期ニキビで悩んでいたころ、
「保湿を・・・」なんて聞いた事もありませんでした。
もともと、敏感肌で乾燥肌の私が、
顔の皮脂をがっつり落としたままでいたら、余計に皮脂が出て、
さらにニキビが増えるという悪循環が起きていたということになりますね。
なるほどです。

思春期ニキビの頃でも、保湿が大切ということですね。
洗顔料だけではなく、保湿を考えたスキンケアも探さないといけない時代になったようです。

思春期ニキビとデリケート肌のためのスキンケア

思春期ニキビの時期のお肌はデリケートです。
もともとデリケートだからニキビができるという場合もあるでしょう。

お子さんに思春期ニキビができはじめる頃、
洗顔料をきちんと泡立てて、正しい洗顔ができているか、
見張っているワケにもいきません。

また、思春期ニキビは男女問わずにできます。
女性のようなスキンケア、
例えば、化粧水や乳液やクリームなどの手間を恥ずかしく感じたり、めんどくさがったりすることもあるでしょう。

そこでおすすめなのが、洗顔+保湿の2ステップでニキビ予防ができる【imani -イマニ-
洗顔料はジェル状で、水で濡らした肌にそのままつけて、肌の上で泡立てていくタイプで、
洗ったあとの保湿はクリーム1つですむという手軽さがいいですね。

思春期ニキビに限らず、敏感肌の方や大人の男性にもおすすめです。