男性にスキンケアをおすすめしたい【俳優さんも使ってます!】

男性のスキンケア事情

男性にとってスキンケアというと、思春期ニキビができて、洗顔フォームを使い始めるというのがスキンケアのきっかけではないでしょうか。

ひとむかし、ふたむかし前は、ニキビは顔の脂っぽいからと「さっぱり洗う」ということが重要視されました。
しかし、今は、しっかり洗顔した後はしっかり保湿してあげるのが基本になっています。

昔は顔に何か塗るのは女性だけ・・・というイメージがありました
しかし、男性でも、

  • お風呂上がりや洗顔後
  • 冬場に自転車やバイクでの通学通勤

などで、肌の乾燥を感じたことはあるはず

でも保湿ケアをしてこなかった30代以上の男性にとって、顔に何か塗るのは抵抗があるという人もいるでしょう。
顔になにか塗るというと、

  • ひげそりはカミソリ派という方がシェービング後にケアするローションなど
  • ニキビの塗り薬
  • 海水浴やゴルフの時の日焼け止め

などでしょうか。

世の中にはすでに男性用のスキンケア用品は、多数存在しているのですが、ドラッグストアなどではなかなか見かけないですし、男性用コスメなどのコーナーもなかなか見かけません。
女性の行かない髭剃りのコーナーにあるでしょうか。
地域差はあると思いますが、ドラッグストアで男性を見かけること自体が少ない気がします。
一人暮らしをしている男性が多い地域では、もちろん多くの男性が日用品を買いにくると思います。
きっと、そのような地域では男性がスキンケアコーナーに立ち寄ることも多いかなと思います。

特に若い男性の間では、スキンケアは身だしなみのひとつとして基本になってきています。

「『スキンケア』は女性のもの」というイメージはなくなりつつあります。

いまどきの男子はもう始めています!
ニキビを含め肌トラブルは老若男女を問わず起きるものです。
しかし、きれいな素肌は好印象です。

男盛りだからこそスキンケア

「いまどきの男子」というと10代後半~20代のイメージでしょうか。
オシャレにも興味をもったり、女子の視線を気にしたりする時期でもあります。
やっぱり肌はきれいな方がいいですよね。
清潔感がでます。

さて、「いまどき」ではない30代。
老化が出始めるはじめるお年頃ですね。
30代になると、男性の顔の雰囲気が変わってみえることがあります。
痩せたような、疲れているような・・・
これぞ、老化です。

  • 気にしてないが、進む乾燥
  • 目立つようになってきた毛穴
  • 無くなりだしたハリ

自覚はなくとも、ケアをはじめましょう。

健康的な素肌はとてもその人のイメージを良くします。
「人は見た目じゃない」といいます。
しかしながら、ビジネスの世界では「見た目が7割」です。
仕事で、特に初めて会う人の多い職種の人は、初めてお目にかかる時の第一印象が全てです。
お客様や相手の方は、見た目7割で第一印象が決まります。

仕事も任されるようになったり、部下もふえたりしますね。
職場内でも良い印象をもってもらうのが重要になります。
もちろんプライベートも充実し、人脈が広がり、良い印象を待ってもらいたいですよね。
だからこそ、スキンケアを始めましょう!!
そしてスキンケアを始めるなら、シンプルなケアが継続のカギ。
そこで男の肌トラブルを防ぐメンズコスメ!【ARES45】をおすすめします。

男の肌トラブルを防ぐ。メンズコスメ【ARES45°】

男性も30代になると、肌の老化が出てきます。
老化だけではなく肌トラブルでお悩みの方もいます。
そして肌の弱い男性もいます。

最近では常時マスクをしていることで、肌トラブルが続出していますよね。
マスクによる肌トラブルは、マスクの繊維による外部刺激もあるでしょうし、長時間マスクをすることで雑菌が増えているという原因もあります。

だからこそ、今、スキンケアを始めましょう。

紹介するのは、メンズエステサロンが作る男性のコスメ【ARES45】
約10年の研究開発の成果です。
敏感肌でも使えるという商品です

なかでも洗顔フォームとオールインワン乳液のシンプルケアコースのセットがおすすめです。

  • 洗顔フォーム・・・余分なものを落とし、必要なものを残すという基本を実現した洗顔フォーム。濃密な泡で洗顔し、肌に必要な潤いを残してくれます。
  • オールインワン乳液・・・潤いを与え、肌を守り、手軽に肌の性質を変え、美しい肌へ導きます。また、男性は化粧をするわけではないので、テカらない、ベタつかないテクスチャー。

このセットで手軽にスタートしましょう。

スキンケア情報の少ないメンズコスメ、そしてスキンケア初心者の男性諸君のために、商品のホームページでは使い方が写真つきで丁寧に説明されています。
ぜひ、下のバナーからご覧ください。