【代謝を上げよう】ダイエットに必要なのは燃焼系サプリメント

どんなダイエットしていますか?

みなさん、ダイエットしていますか?したことがありますか?
ダイエットというと「ダイエット=体重減」に重点をおいている方も多いことでしょう。
そこで、どんなダイエットしていますか?

  • ちょっと食生活が乱れて太ってしまったので、ウォーキングやランニングなど有酸素運動など運動している。
  • 代謝が上がるように筋肉をつけるトレーニングをしている。
  • 置き換えダイエットをしている。
  • 食事制限、糖質制限をしている。

など、いろいろなダイエット方法があります。

しかし、ダイエットの基本を忘れては、ダイエットは上手くいきません。

ダイエットの基本

ダイエットの目的は確かに体重を減らすことかもしれません。
しかし、ダイエットは本来、余分な体脂肪・内臓脂肪などを減らし、健康的になるために行われる必要があります。
単純に体重が減ればいいというものではありません。
間違ったダイエットは、その後の身体に害があるかもしれません。
そこで、ダイエットの基本を確認しましょう。

健康を損なわない、筋力を減らさない、骨をもろくしないという前提で、
「摂取カロリー<消費カロリー」というのが基本
です。

普段の生活で消費カロリーを増やすには、まず運動量を増やすことが必要です。
でも、運動する習慣がない、続かないなど運動で消費カロリーを増やすのは大変です。

だから摂取カロリーを減らせばいいと考える人は多いです。

しかし、健康的な身体を維持するために必要なカロリーは維持したいものです。

一般的な成人の摂取カロリーの目安は、
女性で1400~2000kcal、男性で2200±200kcal
年齢、性別、職種や運動量などの生活習慣で変わります。

目安と言われても・・・と思う人もいますよね。

ダイエットの指標にもなる摂取カロリー。
その必要摂取カロリーを算出する方法があります。

  • まずは自分の標準体重を計算します。
    「身長(m)×身長(m)×22」で自分の標準体重を算出します。
  • そして標準体重に25~30をかけます。
    標準体重(kg)×25=摂取カロリー(kcal)
    標準体重(kg)×30=摂取カロリー(kcal)

となります。
この算出方法は、いくつかある内の1つであるとご理解ください。
目安ということで紹介しています。

必要摂取カロリーの計算方法や指標はさまざまで、厚生労働省では5年ごとに指針を示しています。
詳細を知りたいという方は、厚生労働省や農林水産省のホームページで紹介されていますので、それぞれのページのURLを紹介しておきます。
「厚生労働省」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/eiyou/syokuji_kijyun.html

「農林水産省」
https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/zissen_navi/balance/required.html

厚生労働省のページを見たけれど、専門的すぎて意味が分からない。
そう思った方、多いですよね。
分かりやすく説明してくれているサイトがありますので、紹介しますね。
「一般社団法人スローカロリー研究会」
http://slowcalorie.jp/news/2020/000428.html

最初からこのページを紹介してくれればいいのにと思っていませんか?
ですよね。
でも、健康的なダイエットに欠かせない自分に必要な摂取カロリーの目安になるものです。
そしてその目安については、厚生労働省や農林水産省など、国の機関でも指標を出すほど、健康にとって大切なものであるということをご理解いただきたかったので、回りくどいことをさせていただきました。

栄養バランスは大丈夫?

上で紹介した農林水産省のホームページをご覧になった方は、すでにご理解いただけたと思います。

ダイエットをするにあたって、栄養バランスの取れた食生活はとても大切です。
それが基本になっていないと、痩せようとしても身体は思い通りに消費カロリーを増やさないのです。
なぜなら、脳は、身体の栄養が足りないのに、身体に付いた脂肪を手放すよう働くワケがないのです。

摂取カロリーも大切ですが、まず、栄養バランスのとれた食事にしましょう。
身体の栄養バランスが整って「健康だ」と、身体が認識すると、運動などの効果が出始めます。
また、ダイエット中に「停滞期」といって体重が減らなくなる事がありますが、そこで諦めてはいけません。
「停滞期」は体重が減ったことで、脳が飢餓から身体を守ろうとして起こります。
そんなときに諦めてしまい、食生活や運動などの生活習慣を元に戻すと、どーんとリバウンドが起こります。
停滞期でも、バランスの良い食生活や運動を維持し、身体が健康であることを脳に理解させることがポイントになってきます。
また、停滞期には減量中に使わなかった筋肉を動かしたり、やっていなかったストレッチなどをプラスすることが効果的です。

もちろん、食事の中で代謝を上げるような食材をたくさん摂取できれば、なお効果的だと思います。

しかし、忙しい毎日のなかで、栄養バランスを整えるのは非常に難しいです。
そのためにサプリメントは存在しています。
食事から栄養をとることが理想ですが、そう簡単ではないので、サプリメントで補うことが一般的になってきています。

そして、<>u運動する時間が作れないから、普段の動きで少しでもカロリーが消費できるよう、工夫をします。
都会でしたら一駅前で降りて歩く、電車では座らない、車通勤であれば、車から降りて職場までの間ちょっと遠回りするなど、いろいろなところで工夫が可能です。
代謝が上がる衣類や靴、代謝が上がる入浴方法、代謝が上がる飲み物やサプリメントなど、身近なところから代謝を上げる努力をします。

そこで、ダイエット魂に火をつけるスリムバーンで美身を目指す!

燃焼系サプリメント「スリムバーン」

身体の中から代謝を上げて、脂肪をもやすというサプリメント【送料無料】スリムバーン
運動でのダイエットにプラスすることで、さらなる燃焼をサポート。
ファッション誌や美容雑誌でも紹介されています。

含まれている原料は、

    • ブラックジンジャー
      フラボノイドが豊富に含まれています。
      「フラボノイド」とは、いわゆるポリフェノールの一種です。
      ポリフェノールと聞けば、分かりやすいですよね。
      抗酸化作用、デトックス作用、アンチエイジング、ストレス緩和、がん抑制、免疫を整える、血液サラサラなど様々な効果が期待できます。
      そして、アミノ酸18種類を含んでいます。
      そこには、もちろん必須アミノ酸9種類すべてを含んでいます。
      必須アミノ酸は欠けてはいけないバランスがあります。
      それを維持できている食品
      です。
      ブラックジンジャーは「クラチャイダム」「黒ショウガ」とも言われます。
      近年ではダイエットサポートとしても有名で、ミネラルなども豊富です。
      ポリフェノールはブルベリーの3.8倍、鉄分はほうれん草の19倍もあります。
      このブラックジンジャーに含まれるフラボノイドはポリメトキシフラボノイドというもので、柑橘類などに多く含まれる成分で、人体に有用だという研究がすすんでいます。
    • カプサイシン
      唐辛子に含まれる辛み成分ですが、体温をあげる効果があります。
      体内に吸収されたカプサイシンは、脳に運ばれて内臓感覚神経に働き、副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗及び強心作用を促します。
      体温が1℃上がれば、代謝は13%もアップすると言われています。
    • フォルスコリン
      「フォースコリー」とも呼ばれ、脂肪を燃焼させる効果が期待され、ダイエッターに人気な成分です。
      理想的な栄養バランスをサポートします。
      フォルスコリンは、インド原産の植物であるコレウス・フォルスコリから産生される成分で、昔からインドでは滋養を目的に広く愛用されています。
      最近の臨床研究では、ホルスコリンの効果として、太りすぎや肥満の男性での顕著な体の引き締まり、骨量およびテストステロンの増加が認められました。
    • プロリン
      コラーゲンの元になる美容アミノ酸で、「肥満予防・ダイエット」「美肌」「関節痛改善」などへの効果があると言われています。

細胞表皮の増殖を促し、コラーゲンを作ります。
つまり、体内からコラーゲンを作るので、健康的で美しいを目指せるということです。

この燃焼系サプリメントダイエット魂に火をつけるスリムバーンで美身を目指す!
コロナウィルス感染予防で外にでることが減ったり、年末のクリスマス・正月でまったりすごしたり、脂肪を蓄えに入る可能性大の皆さん。
運動での燃焼に加えて、このサプリでダイエットしましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA