しみ・くすみを徹底美白ケア【スイス発ハイドロキノン美白クリーム】

ハイドロキノンとは

「しみ」や「くすみ」が気になって美白を目指しているという方は多いですよね。
そんな方は、

  • 紫外線対策していたけど、気づいたら「しみ」できていた。
  • 年々、顔がくすんできた。
  • そういう体験がありませんか?

そして美肌にむけて、スキンケアの見直しや化粧品の見直しをしていると思います。
その際、「美白用」「ホワイトニング用」というものに替えたり、足したりしていますよね。
しかし、どの成分が「しみ」や「くすみ」をケアできるのかを気にしたことはありますか?

そこで、今回はその「しみ」「くすみ」をケアする成分の1つ「ハイドロキノン」について紹介します。

「ハイドロキノン」はもともと医薬品です。美白剤・しみ取り剤として処方されています。
市販品では医薬部外品としてハイドロキノン(ヒドロキノン)配合の軟膏・クリーム等が市販されています。
「医薬品」と「医薬部外品」の違いは、その成分の含有量にあります。
効果が確実にある量を含めているものは「医薬品」「医薬部外品」、成分は含んでいるが効果や効能を確保できない量であれば「化粧品」となります。

たとえば、アメリカ食品医薬品局(FDA)では、2%以上の濃度は医師の監督下により処方されています。

ハイドロキノンには確かにしみや紫外線による肌のクスミに効果がありますが、その反面、副作用が多く注意が必要な成分です。

  • アレルギー性の接触性皮膚炎を起こすことがあります。
  • ハイドロキノンには一次刺激性があり、界面活性剤と結合して酸化・変質しにくくなった「新型ハイドロキノン」「安定型ハイドロキノン」には一次性刺激はありません。
  • 化粧品に配合されているのは「安定型ハイドロキノン」ですが、使用前にパッチテストを行うのが好ましいです。
  • ハイドロキノンの継続的な使用は、後遺症として肌が褐色になるという症状が現れるため、3~6ヶ月の継続使用の後は、使用しない期間を設ける必要があります。
  • 長期の使用により、重度のリバウンドの色素沈着が起きることがあります。

ハイドロキノンがシミ取りで効果的な仕組み

メラニンを生成する酵素チロシナーゼの反応を阻害するのではなく、メラニン細胞(メラノサイト)に対する毒性を利用しています
そのため、たくさんの国で使用に規制がかかっていたり、注意喚起がされている成分です。

「薬用」もしくは「医薬部外品」でない、「化粧品」の場合は含有量が制限されています。
国によっては使用が認められていません。

ハイドロキノンには効果も期待できますが、副作用もあるということを忘れてはいけません。

化粧品として使用する場合には、一時的な使用で気になる部分を短期間でケアするのが望ましいでしょう。

また、ハイドロキノンを使用した化粧品や医薬品、医薬部外品を使用している時と使用後は徹底して皮膚を紫外線から守る必要があります。
日焼け止めや紫外線に当たらないような衣服を着ることが必要です。

スイス発ハイドロキノン集中ケアクリーム

ここで紹介するのは、「ハイドロキノン集中ケアクリーム」です。
このクリームは、日本国内では市販されていないスイス発の海外製品です。
スイスは美容大国とも言われる、美容コスメ先進国です。

この商品は世界の化粧品や美容機器を取り扱っている「YOUUP」という会社が日本では独占販売しています。
海外化粧品は偽物が販売されている場合も多いので、本当に「ハイドロキノン集中ケアクリーム」を使いたいという方は、この記事で紹介するホームページからお買い求めいただくことをおすすめします

そんなスイス発の「ハイドロキノン集中ケアクリーム」です。
「ハイドロキノン」についてはすでにご説明しましたが、
その「ハイドロキノン」はイチゴや麦芽など自然界にも存在する天然成分です。
メラニン色素に対する集中的な合成抑制作用や還元作用から、肌の悩みに使われてきた成分です。
日焼けによる「しみ」や肌に広がる「肌色悩み」に働きかけ予防するクリームです。

ハイドロキノンの含有量は、日本では化粧品の場合は2%までとされています。
その壁を越え、この「ハイドロキノン集中ケアクリーム」には3%配合されています。

日本国内で販売されている化粧品ではどうにもならず、諦めていた「しみ」や肌のくすみにおすすめです。
頑固なシミに救世主が現れましたね。

この「ハイドロキノン集中ケアクリーム」は、ハイドロキノンの他に、6種の美容成分配合で美白をサポートします。

  • パンテノール・・・保湿・湿潤剤、溶剤
  • トコフェロール(ビタミンE)・・・酸化防止、香料、皮膚コンディショニング
  • グリチルリチン酸2K・・・香味剤、皮膚コンディショニング剤
  • ツボクサエキス・・・アーユルベーダにも使われているハーブ。
    インドの伝統医薬学であるアーユルヴェーダにおいてツボクサは、皮膚、神経、血液の代謝機能の改善および活性化するために有用であると考えられています。
    また、タイの伝統医薬学においては、皮膚の保持、疲労回復、精神病と尿の薬として使われています。
    化学的には「アジアチコシド」「アジア酸」「マデカッソ酸」がふくまれており、「アジアチコシド」には抗酸化作用及び創傷治癒作用、「アジア産およびマデカッソ酸」には創傷治癒作用があります。
  • ローズマリー葉エキス・・・抗菌剤、酸化防止剤、香料、皮膚コンディショニング剤、閉塞剤
  • カンゾウ根エキス・・・酸化防止剤、保湿・湿潤剤、皮膚コンディショニング剤

現在、【ハイドロキノン集中ケアクリーム】初回定期お試し999円モニターコースがありますので、まずは試してみませんか?
このクリームを使用中には紫外線対策をお忘れなく。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA