【質の良い睡眠を】GABA配合カフェインレスコーヒー

質の良い睡眠とは

あなたは質の良い睡眠がとれていますか?
そう聞かれたとき、「はい」と答えられる人はとても少ないと思います。

朝目覚めたとき、

  • 疲れがのこっている
  • すっきり起きることができない
  • まだ眠りたい
  • 身体が疲れている

こんな症状はありませんか?

それは、質の良い睡眠がとれていない証拠です。
「質の良い睡眠」については過去の記事(下の記事)、

で何度か取り上げてきましたので、詳細について知りたいという方は上の記事をご覧ください。

ここでは、質の良い睡眠について簡単に説明します。
睡眠には、「レム睡眠(浅い眠り)」「ノンレム睡眠(深い眠り)」があり、90~120分の周期で繰り返しています。
その最初サイクルの90分は「黄金の90分」と呼ばれます。
一晩の睡眠の中で一番深いノンレム睡眠が含まれるためです。
この一番深いノンレム睡眠をきちんととれるかが一晩の眠りの質を左右するといっても過言ではありません。
「黄金の90分」の時に訪れる最も深い睡眠時にはたくさんの成長ホルモンが分泌されます。
その成長ホルモンは、その名のとおり子どもの成長には欠かせないものですが、大人にとってもとても大切なホルモンです。
成長ホルモンは傷付いたり疲れたりした細胞を修復する作用があり、昼間の活動で疲れた脳細胞の回復にも役に立ちますし、女性にとっては肌をきれいにするなどの作用があるので「シンデレラタイム」とも言われたりしますね。
「黄金の90分」を含め、ノンレム睡眠の時には寝返りがきちんと打てることが大切で、睡眠時に身体が自由に動けることで、前日の身体の疲れも睡眠時の身体の疲れも軽減されるのです。
そのため、掛け布団、マットレス、枕など、睡眠時の環境を整えることが大切です。

掛け布団、マットレス、枕、パジャマ、室温、光など物理的な環境を整えることが大切だというのは、納得いただけると思います。

しかしながら、精神面での環境はいかかですか?

  • 布団に入っても心配事があって眠れない
  • 昼間の仕事のイライラを引きずってしまっている
  • 睡眠時間を確保するために、布団に入っても、目が冴えてしまう

 

ストレスの多いこの時代、こんな方もたくさんいることでしょう。

そんなストレスを寝る前に緩和することも、質の良い睡眠をとるために必要なことですよね。

昼間のストレスは寝る前に緩和しましょう

寝る前に昼間のストレスは緩和しておきましょう。

さて、どうやって緩和しましょうか?

  • 夕食時に少々の飲酒
  • 良い匂いの入浴剤をいれてお風呂でゆったり
  • 軽い運動やストレッチをする
  • アロマやキャンドルでリラックス
  • ハーブティーやお気に入りの香りのする飲み物でリラックス

など、人それぞれに方法があると思います。

ストレスの緩和と言えば、「コーヒー」という人も中にはいると思います。
「コーヒー=カフェイン=眠れない」という方程式が成り立つ方もいると思いますが、
コーヒー大好きな人は飲んでも寝られるという不思議なこともあるのです。

日中、仕事の合間にコーヒーで一息という人は多いですよね。
コーヒーの香りでリラックスできるという人もいますし、味が好きという人もいるでしょう。

私もコーヒー大好き人間で、コーヒーをハンドドリップする時間は無心になれる時間ですし、コーヒーを飲んでいる間もリラックスタイムです。

お昼寝前にコーヒーを飲むとお昼寝後、スッキリ目覚められ、午後の仕事の効率がよいという話も聞いたことがあります。

「コーヒー=カフェイン」というイメージはどなたもご存じのとおりですが、カフェインについて少し勉強してみましょう。

カフェインとは

カフェインと言えばコーヒーというくらい、コーヒーのもつ特徴的な成分です。
しかし、緑茶などのお茶類やココアなどにも含まれています。

カフェインの効能は

  • 眠気覚ましなどの興奮作用
  • 尿の排出を促す利尿作用
  • 自律神経の働きを高める(交感神経刺激・基礎代謝促進作用)
  • 集中力を高め作業能率の向上
  • 運動能力の向上
  • 胃酸分泌促進作用

など様々な効果があります。
また、

  • 覚醒作用
  • 解熱鎮痛作用
  • 血管拡張作用

があり、眠気、倦怠感、頭痛などに効果があるとして医薬品としても使用されています。

そんな効果のあるカフェインを含んだコーヒーですが、客観的にみると「質の良い睡眠」をとるには逆の作用の方が多い様に感じます。
そこで、今は「デカフェ」「カフェインレス」という、カフェインが少ない、または含まれないコーヒーもたくさん販売されていますね。
そんな「カフェインレスコーヒー」「機能性表示食品」のコーヒーができました。
それも「【カフェサプリ GABA】」といい、夜はぐっすり、朝はすっきりという機能性表示食品のコーヒーです。

GABA(ギャバ)とは

「GABA(ギャバ)」という言葉は、ひと昔くらい前から「ストレスを緩和する」という成分ということで、話題になった成分です。
チョコレートなどで「GABA(ギャバ)」を含んでいることを売りにしている製品もありますね。

ところで「GABA(ギャバ)」ってなんでしょうか?
そこで調べてみました。
「GABA」は植物や動物(もちろんヒトを含みます)に存在する、天然のアミノ酸のひとつです。
γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、「GABA(ギャバ)」と呼ばれています。
アミノ酸というとタンパク質を作るものというのが一般的なところですが、この「GABA」は主に脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として働いています。
興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割を果たしています。

では具体的に「GABA」はどう働くのでしょうか。
「GABA」には、気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」があります。
人間はストレスを受けると、脳は興奮状態になります。その結果「イライラ」します。
しかし、「GABA」は、脳に存在する抑制系の神経伝達物質として、ストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせる働きをします。
ドーパミンなどの興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑え、リラックスした状態をもたらしてくれます。

ストレスがたくさんある現代社会では体内でつくられる「GABA」は不足しがちです。
ストレスがあると、「GABA」をたくさん必要とする上に、ストレスがかかる事で作られる「GABA」の量が減ります。
また、加齢によっても体内の「GABA」は少なくなる傾向があります。

ということは、興奮系の神経伝達物質が過剰に分泌するのを抑えることができなくなります。
その結果、リラックスできず、イライラを抱えたままであったり、精神的に緊張をしたままという不健康な状態が続きます。
そのため「GABA」を外から補充しなければいけません。

でも、どれくらい補充すればよいのかが気になりますね。

調べてみると「GABA」の効果は、1回で30mg以上の摂取で効果があるといいます。
また、よりその効果を得たいという場合は50~100mgの摂取をすすめています

摂取方法はもちろん食物からでもいいですし、サプリメントを利用するのもおすすめです。

「GABA」を食物から摂取するのであれば、

  • 発芽玄米・・・100gあたり10mgのGABAが含まれます。白米の10倍です。
  • トマト、なす、アスパラガス、かぼちゃ、きゅうり、メロン、みかんなどの野菜や果物
  • 漬物、キムチなどの一部の発酵食品

に多く含まれています。
こういった食品を食事に取り入れるのも工夫のひとつですね。

また、キムチからGABAを効率良く生産できる乳酸菌が発見されました。
その乳酸菌を利用して、チョコレートや飴、コーヒーや醤油など、ギャバを添加した多くの食品が開発、販売されています。

そこでおすすめしたいのが【カフェサプリ GABA】

【カフェサプリGABA】のすすめ

「GABA」の効果については上で書いたとおり、脳の興奮を抑えるという効果があります。
一方で、仕事中の気分転換や脳のリフレッシュにコーヒーを愛飲する人は、夜でもコーヒーを飲みたいと思う人も多いですよね。
そこで、カフェインレスで「GABA」が入った【カフェサプリ GABA】がおすすめなのです。
コーヒーとして飲めるのに、脳を興奮させるカフェインは入っていない上、脳の興奮を抑える「GABA」が摂取できるのです。
食事だけで「GABA」を必要なだけ摂取するのはなかなか難しいです。
でも、飲み物であればいつでも飲めます。

  • 仕事の合間に
  • 帰宅してちょっと一服
  • 夕食後に
  • 就寝前のリラックスタイムに

など、飲み物として生活に取り入れるのはとても簡単です。

【カフェサプリ GABA】は「GABA」の効果で

  • 睡眠時の脳の興奮を抑えることができるので、質の良い睡眠につながる
  • 質の良い睡眠がとれれば、朝の目覚めはスッキリ
  • デスクワークなど一時的な疲労回復にもなる

などが期待でき、昼間の活動も充実したものにできそうですね。

「GABA」の吸収には個人差があるので、飲む量には注意が必要そうです。
この【カフェサプリ GABA】では、1杯で100mgのGABAが摂取でき、2杯以上飲んでも問題の無いように作られていますが、まずは1日1杯から試してみるのが良いですね。
また「カフェインレス」と言っていますが、これは「ノンカフェイン」という意味ではありません。
この【カフェサプリ GABA】では97%のカフェインがカットされていますが、カフェインは含まれていますので妊娠中の方はご注意ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA