【健康と美容に】オーガニックの「デイリーコーヒー」

コーヒーを飲む習慣ありますか

コーヒーを好きな方は毎日、何杯も飲みますよね。
ブラックコーヒーをガバガバと飲む人もいるでしょう。

ではなぜコーヒーを飲むのでしょう。

  • 眠気覚まし
  • 気分転換
  • 健康のため
  • おいしいから

など、飲む理由は人それぞれですよね。
でもたくさん飲む人ほどブラックで飲むのではないでしょうか。
甘い珈琲をたくさん飲むのは身体に良くありません。

せっかく飲むのなら、健康にも美容にもいいコーヒーを生活に取り入れてみませんか。

「健康にも美容にもいいコーヒー」・・・
気になりませんか?
気になりますよね。
そこで紹介します、健康維持・美容に!デイリーコーヒー」というコーヒーがあるのです。

健康・美容のためのオーガニック「デイリーコーヒー」

毎日、飲む習慣があるのなら、そのうち1杯でもデイリーコーヒーにしてみませんか?

砂糖を取り過ぎないように、ブラックコーヒーを飲むという方は多いでしょう。
砂糖の取り過ぎは健康にも、美容にも良くありません。
だから、健康維持・美容を考えたこだわりのオーガニックコーヒー「デイリーコーヒー」がおすすめなのです。

  • 朝のお通じでスッキリ感が感じられない
  • 健康を維持したい
  • 美容のために手軽に続けたい
  • コスパが気になる
  • 腸活中

こんな方には特におすすめです。

健康維持と美容のために、天然食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖、ミネラル、アミノ酸、αリポ酸、酵母などをバランスよく配合してあります。
そしてオーガニックの豆にこだわり、低カフェインになっています。

お湯でも水でも溶ける粉末タイプなので、どこでも手軽に飲めます。

以前は「ドクターコーヒー」という名前で販売されていたコーヒーです。

粉末タイプのコーヒーに乳酸菌が入っているの?
とおもいますよね。
しかも、デイリーコーヒーのホームページをみていただくと、
「乳酸菌(殺菌)」と記載
されています。

え、殺菌されちゃったら意味が無いのでは?
と思ってしまいますよね。
私も思いました。

そこで、ちょっと調べてみました。

殺菌されていても効果があるようです。
生きている乳酸菌だけが腸内環境に影響があるわけではありません。
生きている乳酸菌も腸に達するまでには胃酸などで死んでしまう菌もたくさんいます。
もちろん生きた乳酸菌も大切ですが、乳酸菌の死んだ菌体や乳酸菌が生産する物質が腸内環境に大きく関係しています。

(「乳酸菌(殺菌)」について参考になるサイト)
「TAKASHIMAYA|Well Being -かわしま屋の読みもの-」https://kawashima-ya.jp/contents/?p=14542

ぜひ、健康と美容のために「デイリーコーヒー」を生活にとりいれましょう!
健康維持・美容に!デイリーコーヒーの詳細とお申し込みは下のバナーから。



【質の良い睡眠を】GABA配合カフェインレスコーヒー

質の良い睡眠とは

あなたは質の良い睡眠がとれていますか?
そう聞かれたとき、「はい」と答えられる人はとても少ないと思います。

朝目覚めたとき、

  • 疲れがのこっている
  • すっきり起きることができない
  • まだ眠りたい
  • 身体が疲れている

こんな症状はありませんか?

それは、質の良い睡眠がとれていない証拠です。
「質の良い睡眠」については過去の記事(下の記事)、

で何度か取り上げてきましたので、詳細について知りたいという方は上の記事をご覧ください。

ここでは、質の良い睡眠について簡単に説明します。
睡眠には、「レム睡眠(浅い眠り)」「ノンレム睡眠(深い眠り)」があり、90~120分の周期で繰り返しています。
その最初サイクルの90分は「黄金の90分」と呼ばれます。
一晩の睡眠の中で一番深いノンレム睡眠が含まれるためです。
この一番深いノンレム睡眠をきちんととれるかが一晩の眠りの質を左右するといっても過言ではありません。
「黄金の90分」の時に訪れる最も深い睡眠時にはたくさんの成長ホルモンが分泌されます。
その成長ホルモンは、その名のとおり子どもの成長には欠かせないものですが、大人にとってもとても大切なホルモンです。
成長ホルモンは傷付いたり疲れたりした細胞を修復する作用があり、昼間の活動で疲れた脳細胞の回復にも役に立ちますし、女性にとっては肌をきれいにするなどの作用があるので「シンデレラタイム」とも言われたりしますね。
「黄金の90分」を含め、ノンレム睡眠の時には寝返りがきちんと打てることが大切で、睡眠時に身体が自由に動けることで、前日の身体の疲れも睡眠時の身体の疲れも軽減されるのです。
そのため、掛け布団、マットレス、枕など、睡眠時の環境を整えることが大切です。

掛け布団、マットレス、枕、パジャマ、室温、光など物理的な環境を整えることが大切だというのは、納得いただけると思います。

しかしながら、精神面での環境はいかかですか?

  • 布団に入っても心配事があって眠れない
  • 昼間の仕事のイライラを引きずってしまっている
  • 睡眠時間を確保するために、布団に入っても、目が冴えてしまう

 

ストレスの多いこの時代、こんな方もたくさんいることでしょう。

そんなストレスを寝る前に緩和することも、質の良い睡眠をとるために必要なことですよね。

昼間のストレスは寝る前に緩和しましょう

寝る前に昼間のストレスは緩和しておきましょう。

さて、どうやって緩和しましょうか?

  • 夕食時に少々の飲酒
  • 良い匂いの入浴剤をいれてお風呂でゆったり
  • 軽い運動やストレッチをする
  • アロマやキャンドルでリラックス
  • ハーブティーやお気に入りの香りのする飲み物でリラックス

など、人それぞれに方法があると思います。

ストレスの緩和と言えば、「コーヒー」という人も中にはいると思います。
「コーヒー=カフェイン=眠れない」という方程式が成り立つ方もいると思いますが、
コーヒー大好きな人は飲んでも寝られるという不思議なこともあるのです。

日中、仕事の合間にコーヒーで一息という人は多いですよね。
コーヒーの香りでリラックスできるという人もいますし、味が好きという人もいるでしょう。

私もコーヒー大好き人間で、コーヒーをハンドドリップする時間は無心になれる時間ですし、コーヒーを飲んでいる間もリラックスタイムです。

お昼寝前にコーヒーを飲むとお昼寝後、スッキリ目覚められ、午後の仕事の効率がよいという話も聞いたことがあります。

「コーヒー=カフェイン」というイメージはどなたもご存じのとおりですが、カフェインについて少し勉強してみましょう。

カフェインとは

カフェインと言えばコーヒーというくらい、コーヒーのもつ特徴的な成分です。
しかし、緑茶などのお茶類やココアなどにも含まれています。

カフェインの効能は

  • 眠気覚ましなどの興奮作用
  • 尿の排出を促す利尿作用
  • 自律神経の働きを高める(交感神経刺激・基礎代謝促進作用)
  • 集中力を高め作業能率の向上
  • 運動能力の向上
  • 胃酸分泌促進作用

など様々な効果があります。
また、

  • 覚醒作用
  • 解熱鎮痛作用
  • 血管拡張作用

があり、眠気、倦怠感、頭痛などに効果があるとして医薬品としても使用されています。

そんな効果のあるカフェインを含んだコーヒーですが、客観的にみると「質の良い睡眠」をとるには逆の作用の方が多い様に感じます。
そこで、今は「デカフェ」「カフェインレス」という、カフェインが少ない、または含まれないコーヒーもたくさん販売されていますね。
そんな「カフェインレスコーヒー」「機能性表示食品」のコーヒーができました。
それも「【カフェサプリ GABA】」といい、夜はぐっすり、朝はすっきりという機能性表示食品のコーヒーです。

GABA(ギャバ)とは

「GABA(ギャバ)」という言葉は、ひと昔くらい前から「ストレスを緩和する」という成分ということで、話題になった成分です。
チョコレートなどで「GABA(ギャバ)」を含んでいることを売りにしている製品もありますね。

ところで「GABA(ギャバ)」ってなんでしょうか?
そこで調べてみました。
「GABA」は植物や動物(もちろんヒトを含みます)に存在する、天然のアミノ酸のひとつです。
γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、「GABA(ギャバ)」と呼ばれています。
アミノ酸というとタンパク質を作るものというのが一般的なところですが、この「GABA」は主に脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として働いています。
興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割を果たしています。

では具体的に「GABA」はどう働くのでしょうか。
「GABA」には、気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」があります。
人間はストレスを受けると、脳は興奮状態になります。その結果「イライラ」します。
しかし、「GABA」は、脳に存在する抑制系の神経伝達物質として、ストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせる働きをします。
ドーパミンなどの興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑え、リラックスした状態をもたらしてくれます。

ストレスがたくさんある現代社会では体内でつくられる「GABA」は不足しがちです。
ストレスがあると、「GABA」をたくさん必要とする上に、ストレスがかかる事で作られる「GABA」の量が減ります。
また、加齢によっても体内の「GABA」は少なくなる傾向があります。

ということは、興奮系の神経伝達物質が過剰に分泌するのを抑えることができなくなります。
その結果、リラックスできず、イライラを抱えたままであったり、精神的に緊張をしたままという不健康な状態が続きます。
そのため「GABA」を外から補充しなければいけません。

でも、どれくらい補充すればよいのかが気になりますね。

調べてみると「GABA」の効果は、1回で30mg以上の摂取で効果があるといいます。
また、よりその効果を得たいという場合は50~100mgの摂取をすすめています

摂取方法はもちろん食物からでもいいですし、サプリメントを利用するのもおすすめです。

「GABA」を食物から摂取するのであれば、

  • 発芽玄米・・・100gあたり10mgのGABAが含まれます。白米の10倍です。
  • トマト、なす、アスパラガス、かぼちゃ、きゅうり、メロン、みかんなどの野菜や果物
  • 漬物、キムチなどの一部の発酵食品

に多く含まれています。
こういった食品を食事に取り入れるのも工夫のひとつですね。

また、キムチからGABAを効率良く生産できる乳酸菌が発見されました。
その乳酸菌を利用して、チョコレートや飴、コーヒーや醤油など、ギャバを添加した多くの食品が開発、販売されています。

そこでおすすめしたいのが【カフェサプリ GABA】

【カフェサプリGABA】のすすめ

「GABA」の効果については上で書いたとおり、脳の興奮を抑えるという効果があります。
一方で、仕事中の気分転換や脳のリフレッシュにコーヒーを愛飲する人は、夜でもコーヒーを飲みたいと思う人も多いですよね。
そこで、カフェインレスで「GABA」が入った【カフェサプリ GABA】がおすすめなのです。
コーヒーとして飲めるのに、脳を興奮させるカフェインは入っていない上、脳の興奮を抑える「GABA」が摂取できるのです。
食事だけで「GABA」を必要なだけ摂取するのはなかなか難しいです。
でも、飲み物であればいつでも飲めます。

  • 仕事の合間に
  • 帰宅してちょっと一服
  • 夕食後に
  • 就寝前のリラックスタイムに

など、飲み物として生活に取り入れるのはとても簡単です。

【カフェサプリ GABA】は「GABA」の効果で

  • 睡眠時の脳の興奮を抑えることができるので、質の良い睡眠につながる
  • 質の良い睡眠がとれれば、朝の目覚めはスッキリ
  • デスクワークなど一時的な疲労回復にもなる

などが期待でき、昼間の活動も充実したものにできそうですね。

「GABA」の吸収には個人差があるので、飲む量には注意が必要そうです。
この【カフェサプリ GABA】では、1杯で100mgのGABAが摂取でき、2杯以上飲んでも問題の無いように作られていますが、まずは1日1杯から試してみるのが良いですね。
また「カフェインレス」と言っていますが、これは「ノンカフェイン」という意味ではありません。
この【カフェサプリ GABA】では97%のカフェインがカットされていますが、カフェインは含まれていますので妊娠中の方はご注意ください。



女性ならではの悩みを香りで改善しませんか【女子のお守りアロマオイル】

香りの力

私たちの生活の中にはいろいろな香りがあります。

  • 食べ物や飲み物のにおい
  • 歯磨き粉のにおい
  • 洗顔石鹸、ボディソープ、シャンプーなど体につかう洗けんのにおい
  • 入浴剤のにおい
  • 洗濯物のにおい
  • 植物のにおい
  • 動物のにおい

など、例をあげたらキリがありません。

そのにおいは私たちの生活のなかでどんな役割を果たしているでしょうか。

  • くたくたになって帰宅したら、夕食のおいしそうな香りが漂ってきたら、なぜかほっとして、お腹がぐぅとなって、ちょっと元気になった。
  • 仕事に家事に忙しく、朝から晩まで過ごして疲れ果てて入るお風呂。入浴剤の香りで「はぁ~」と開放感に包まれた。
  • 起床して「今日も仕事か」とテンションが上がらないなか、メイクをするとその香りで「よし!」と気合いが入った。

こんな風に、においが気分や気力を左右しているということが結構ありますよね。

においには人間の体に何かしらの作用をもたらす力があります。

「アロマ」という言葉は、最近当たり前のように耳にしますが、実際に「アロマオイル」を生活に取り入れている人もいるでしょう。
私も「アロマオイル」にお世話になっています。

「アロマオイル」に助けられたケース

私が「アロマオイル」を使用し始めたきっかけ。
それは「インフルエンザ」でした。
それまでに何度かインフルエンザにかかったことはありました。
学生のうちは、熱に浮かされ、体の節々が痛くても、その辛い数日間を眠ってやり過ごせました。
ところが、大人になり体力が落ちると、どんなに熱で苦しくても、体が痛くて眠れないという事態に陥りました。
眠れてしまえばどうにかなるのにと苦しみながら、たどりついたのが「アロマオイル」でした。
そのとき調べたサイトで紹介されていたのは「ユーカリ」または「ラベンダー」。
家族にどうにか調達してきてもらえたのは「ラベンダー」でした。
臭いにとても敏感な私にとって、そのアロマオイルの香りはとても強いものでした。
しかし、ティッシュに一滴たらして、枕元においてみると、その香りに意識が集中して、体の痛みを自然と感じなくなり、いつの間にか眠れていたのです。
そんな体験をした私は、アロマオイルの力に魅了され、体の不調や健康管理のためにアロマオイルを取り入れた生活を送っています。
皮膚トラブルのときはティートゥリーを利用したローションをつくったり、体調に合わせて眠るときにディフューザーを使ったりしています。

ところで「アロマ」って・・・

よく耳にするけれど「アロマ」ってどんな意味でしょうか。
私も「?」となったので調べてみました。
「アロマ」とは、「香り」「芳香」という意味のカタカナ語です。
日本語では「香り」「芳香」というのうは、よいにおいのことを指します。
そしてその匂いは植物性のものです。

そして「アロマテラピー」「アロマセラピー」とも言います)という形で使用されることが多いです。

「アロマテラピー」とは「アロマをつかった治療」のことで、人間の嗅覚を利用して体や心のトラブルを改善します。
また、その「アロマテラピー」に使用されるものは「アロマオイル」と呼ばれる植物から抽出された精油です。
その精油は嗅覚を利用するほか、精油には植物の持つ成分が濃縮されている場合もあり、その成分の効果を利用して、肌トラブルや外側から体のケアをしたりします。

そんな「アロマオイル」はたくさんの種類があり、メーカーもいろいろあります。
原料が同じ植物でも、その植物が栽培された時期や場所、植物のどの場所を使ったのかによっても匂いが変わります。
それを使い分けるのは至難の業です。
そのため、アロマのプロとでもいいましょうか検定試験などもあります。

「アロマ」で女性ならではの悩みを改善しませんか?

女性は生理にあわせて一ヶ月のなかでもホルモンバランスが変わり、体調が変わったりします。
まして、更年期やストレスなどでもホルモンバランスが乱れてしまう繊細な体です。
ホルモンバランスの乱れは、体調に影響したり、美容にも悪かったりと良いことはありません。
そんな、女性のために作られた女性ホルモンの専門家が考えたアロマオイルがあります。
その名も「女子のおまもりエッセンシャルオイル」といいます。
女性ホルモンの専門家が多くの女性の悩みと向き合ってきた中で、女性の体や心は大きく分けると3パターンに別れるということが分かりました。
そこで、それぞれの状態にあわせてアロマオイルを調合したものが「女子のおまもりエッセンシャルオイル」です。
私もあれこれアロマオイルの香りを嗅いできました。
人によっても、その時の体調によっても、香りの感じ方は変わります。
しかし、「女子のおまもりエッセンシャルオイル」はどの調合も、とっても違和感のないものになっていると思われます。
詳細については直接サイトでご覧いただいた方が良いと思いますので、ぜひ下のバナーからサイトを覗いてみてください。
今現在、お悩みがあり、アロマオイルを試したことがないという方は、その悩みに合うものを選んで使うのもいいでしょう。
常に不調で・・・という方はその日の応じて使い分けられるようにセットで購入してみるというのもいいと思います。
アロマの力はなかなかですよ。



【代謝を上げよう】ダイエットに必要なのは燃焼系サプリメント

どんなダイエットしていますか?

みなさん、ダイエットしていますか?したことがありますか?
ダイエットというと「ダイエット=体重減」に重点をおいている方も多いことでしょう。
そこで、どんなダイエットしていますか?

  • ちょっと食生活が乱れて太ってしまったので、ウォーキングやランニングなど有酸素運動など運動している。
  • 代謝が上がるように筋肉をつけるトレーニングをしている。
  • 置き換えダイエットをしている。
  • 食事制限、糖質制限をしている。

など、いろいろなダイエット方法があります。

しかし、ダイエットの基本を忘れては、ダイエットは上手くいきません。

ダイエットの基本

ダイエットの目的は確かに体重を減らすことかもしれません。
しかし、ダイエットは本来、余分な体脂肪・内臓脂肪などを減らし、健康的になるために行われる必要があります。
単純に体重が減ればいいというものではありません。
間違ったダイエットは、その後の身体に害があるかもしれません。
そこで、ダイエットの基本を確認しましょう。

健康を損なわない、筋力を減らさない、骨をもろくしないという前提で、
「摂取カロリー<消費カロリー」というのが基本
です。

普段の生活で消費カロリーを増やすには、まず運動量を増やすことが必要です。
でも、運動する習慣がない、続かないなど運動で消費カロリーを増やすのは大変です。

だから摂取カロリーを減らせばいいと考える人は多いです。

しかし、健康的な身体を維持するために必要なカロリーは維持したいものです。

一般的な成人の摂取カロリーの目安は、
女性で1400~2000kcal、男性で2200±200kcal
年齢、性別、職種や運動量などの生活習慣で変わります。

目安と言われても・・・と思う人もいますよね。

ダイエットの指標にもなる摂取カロリー。
その必要摂取カロリーを算出する方法があります。

  • まずは自分の標準体重を計算します。
    「身長(m)×身長(m)×22」で自分の標準体重を算出します。
  • そして標準体重に25~30をかけます。
    標準体重(kg)×25=摂取カロリー(kcal)
    標準体重(kg)×30=摂取カロリー(kcal)

となります。
この算出方法は、いくつかある内の1つであるとご理解ください。
目安ということで紹介しています。

必要摂取カロリーの計算方法や指標はさまざまで、厚生労働省では5年ごとに指針を示しています。
詳細を知りたいという方は、厚生労働省や農林水産省のホームページで紹介されていますので、それぞれのページのURLを紹介しておきます。
「厚生労働省」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/eiyou/syokuji_kijyun.html

「農林水産省」
https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/zissen_navi/balance/required.html

厚生労働省のページを見たけれど、専門的すぎて意味が分からない。
そう思った方、多いですよね。
分かりやすく説明してくれているサイトがありますので、紹介しますね。
「一般社団法人スローカロリー研究会」
http://slowcalorie.jp/news/2020/000428.html

最初からこのページを紹介してくれればいいのにと思っていませんか?
ですよね。
でも、健康的なダイエットに欠かせない自分に必要な摂取カロリーの目安になるものです。
そしてその目安については、厚生労働省や農林水産省など、国の機関でも指標を出すほど、健康にとって大切なものであるということをご理解いただきたかったので、回りくどいことをさせていただきました。

栄養バランスは大丈夫?

上で紹介した農林水産省のホームページをご覧になった方は、すでにご理解いただけたと思います。

ダイエットをするにあたって、栄養バランスの取れた食生活はとても大切です。
それが基本になっていないと、痩せようとしても身体は思い通りに消費カロリーを増やさないのです。
なぜなら、脳は、身体の栄養が足りないのに、身体に付いた脂肪を手放すよう働くワケがないのです。

摂取カロリーも大切ですが、まず、栄養バランスのとれた食事にしましょう。
身体の栄養バランスが整って「健康だ」と、身体が認識すると、運動などの効果が出始めます。
また、ダイエット中に「停滞期」といって体重が減らなくなる事がありますが、そこで諦めてはいけません。
「停滞期」は体重が減ったことで、脳が飢餓から身体を守ろうとして起こります。
そんなときに諦めてしまい、食生活や運動などの生活習慣を元に戻すと、どーんとリバウンドが起こります。
停滞期でも、バランスの良い食生活や運動を維持し、身体が健康であることを脳に理解させることがポイントになってきます。
また、停滞期には減量中に使わなかった筋肉を動かしたり、やっていなかったストレッチなどをプラスすることが効果的です。

もちろん、食事の中で代謝を上げるような食材をたくさん摂取できれば、なお効果的だと思います。

しかし、忙しい毎日のなかで、栄養バランスを整えるのは非常に難しいです。
そのためにサプリメントは存在しています。
食事から栄養をとることが理想ですが、そう簡単ではないので、サプリメントで補うことが一般的になってきています。

そして、<>u運動する時間が作れないから、普段の動きで少しでもカロリーが消費できるよう、工夫をします。
都会でしたら一駅前で降りて歩く、電車では座らない、車通勤であれば、車から降りて職場までの間ちょっと遠回りするなど、いろいろなところで工夫が可能です。
代謝が上がる衣類や靴、代謝が上がる入浴方法、代謝が上がる飲み物やサプリメントなど、身近なところから代謝を上げる努力をします。

そこで、ダイエット魂に火をつけるスリムバーンで美身を目指す!

燃焼系サプリメント「スリムバーン」

身体の中から代謝を上げて、脂肪をもやすというサプリメント【送料無料】スリムバーン
運動でのダイエットにプラスすることで、さらなる燃焼をサポート。
ファッション誌や美容雑誌でも紹介されています。

含まれている原料は、

    • ブラックジンジャー
      フラボノイドが豊富に含まれています。
      「フラボノイド」とは、いわゆるポリフェノールの一種です。
      ポリフェノールと聞けば、分かりやすいですよね。
      抗酸化作用、デトックス作用、アンチエイジング、ストレス緩和、がん抑制、免疫を整える、血液サラサラなど様々な効果が期待できます。
      そして、アミノ酸18種類を含んでいます。
      そこには、もちろん必須アミノ酸9種類すべてを含んでいます。
      必須アミノ酸は欠けてはいけないバランスがあります。
      それを維持できている食品
      です。
      ブラックジンジャーは「クラチャイダム」「黒ショウガ」とも言われます。
      近年ではダイエットサポートとしても有名で、ミネラルなども豊富です。
      ポリフェノールはブルベリーの3.8倍、鉄分はほうれん草の19倍もあります。
      このブラックジンジャーに含まれるフラボノイドはポリメトキシフラボノイドというもので、柑橘類などに多く含まれる成分で、人体に有用だという研究がすすんでいます。
    • カプサイシン
      唐辛子に含まれる辛み成分ですが、体温をあげる効果があります。
      体内に吸収されたカプサイシンは、脳に運ばれて内臓感覚神経に働き、副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗及び強心作用を促します。
      体温が1℃上がれば、代謝は13%もアップすると言われています。
    • フォルスコリン
      「フォースコリー」とも呼ばれ、脂肪を燃焼させる効果が期待され、ダイエッターに人気な成分です。
      理想的な栄養バランスをサポートします。
      フォルスコリンは、インド原産の植物であるコレウス・フォルスコリから産生される成分で、昔からインドでは滋養を目的に広く愛用されています。
      最近の臨床研究では、ホルスコリンの効果として、太りすぎや肥満の男性での顕著な体の引き締まり、骨量およびテストステロンの増加が認められました。
    • プロリン
      コラーゲンの元になる美容アミノ酸で、「肥満予防・ダイエット」「美肌」「関節痛改善」などへの効果があると言われています。

細胞表皮の増殖を促し、コラーゲンを作ります。
つまり、体内からコラーゲンを作るので、健康的で美しいを目指せるということです。

この燃焼系サプリメントダイエット魂に火をつけるスリムバーンで美身を目指す!
コロナウィルス感染予防で外にでることが減ったり、年末のクリスマス・正月でまったりすごしたり、脂肪を蓄えに入る可能性大の皆さん。
運動での燃焼に加えて、このサプリでダイエットしましょう。



気になる太い脚。履くだけでリンパマッサージ【スパッツで美脚を手に入れる】

美脚を手に入れたいが・・・

あなたは自分の下半身に悩みはありませんか?

  • 脚が太い
  • 立ち仕事で足のむくみが気になる
  • 骨盤のゆがみが気になる

などなど、美脚にはほどとおい自分の脚やお尻周りが気になる方は多いと思います。
そのために、エステに通ったり、整体に通ったり、自分でマッサージをしたり、ジムに通ってダイエットしてみたり…
たくさんの努力の方法があります。
しかし、なかなか続かないし、効果を感じるまでには時間と労力とお金がかかります。

それでも「美脚」を手に入れたいと思うのが女というものですね。

美脚になるために

さて、美脚とはどのような脚をさしているのでしょうか。

  • 細ければ美脚?
  • 足首がきゅっとしまっていれば美脚?
  • 太ももの間に隙間があれば美脚?
  • 膝の上にお肉がのっていなければ美脚?

このように、はっきりとした美脚の定義はありません。

でも、一般的にあこがれる美脚は、多少個人差はありますが、

  • 細いけれども、太ももやふくらはぎに適度な筋肉がある。
  • 足首と膝がきゅっとしまりがある。
  • 長くスラっと見える。
  • O脚でもX脚でもない。

という脚ではありませんか?

なんと「美脚の黄金比」というものが存在します。
上で書いたような条件をみたしているうえで、「太もも:ふくらはぎ:足首=5:3:2」が美脚の黄金比と言われています。
太もも・ふくらはぎ・足首の何が5:3:2なの?そう思いますよね。
それぞれ、太もも周り・ふくらはぎ周り・足首周りの長さです。
測定する場合には、太ももは付け根の部分、ふくらはぎはもっとも太い部分を図ります。

ではその黄金比ができれば美脚かというと、そうではありません。
身長に対してその長さは変わります。

  • 太もも=身長×0.3cm
  • ふくらはぎ=身長×0.2cm
  • 足首=身長×0.12cm

まずこれが理想のサイズです。
しかし、O脚やX脚では美脚とはいえませんね。
骨格も矯正する必要があります。
骨格は歩き方の癖、姿勢、骨盤のゆがみなどが原因
となっています。
脚だけどうにかすればいいというわけではなさそうです。

美脚とそうでない脚の大きな違いは「太さ」ですよね。
美脚を目指すにあたり、脚の余計なお肉を落とす必要があるのは一目瞭然です。

脚が太い原因【リンパに注目】

美脚のためにダイエットをしてみたが、下半身が細くならない。
という方は多いですよね。

まず、脚が太いのには原因があります。
その原因は「脂肪」「むくみ」「筋肉太り」などがあげられます。
さらにそれらは生活習慣の影響が大きく関わっています。

  • 「脂肪」によって脚が太くなるのは「肥満太り」の可能性があります。
    その名のとおり、肥満によって体全体がぽっちゃりだったり、体脂肪率が高い人に多いです。
    「肥満太り」なわけですから、食生活の乱れ、無理なダイエットによるリバウンドなど生活習慣が影響しています。
    食生活を含め、生活習慣の見直しや有酸素運動、代謝をアップするなどが必要です。
  • 「むくみ」によって脚が太くなるというのは特に女性に多いと言われています。
    「むくみ」はリンパや血液の流れが滞り、細胞にたまった老廃物や余計な水分が排出されずに、下半身にどんどん溜まっている状態です。
    溜まった老廃物と余計な水分は慢性的なものになり、簡単にはとれないむくみとなって、脚を太くさせることになります。
    そのむくみを解消するには、ふくらはぎの筋肉がない方はまず筋肉をつけ、筋肉がある方はふくらはぎの凝りをほぐし、筋肉を動かすことで血行を良くする必要があります。
    また、余計な水分を排出しるためにカリウムを含む食品を積極的に摂取し、血行を良くする効果が期待できるビタミンEを摂取することがおすすめです。
  • 「筋肉太り」は、筋肉がたくさんついているので太いという方もいるかもしれませんが、多くの場合はスポーツなどでつけた筋肉だけではなく、脂肪や老廃物も一緒に固くなっているという特徴があります。
    そんな「筋肉太り」には、老廃物を排出し、脂肪を分解するためのマッサージが効果的です。
    マッサージすることで老廃物や脂肪を流すのがポイントです。
    そのマッサージの仕方はシンプルです。
    両手をグーの形にして、足首・膝裏・太もも・脚の付け根への、下から上にむかってマッサージします。
    特に膝裏や脚の付け根は力強くマッサージします。
    そうすることでリンパの流れがよくなり、老廃物や余計な水分を促します。
    冷えを防止することも大切です。
    身体が冷えると老廃物や脂肪が固まってしまいますので、脚をさわって冷たい人は注意しましょう。
    季節を問わず、靴下を履くのはもちろんですが、お風呂では湯舟につかって積極的に温めましょう。
    「筋肉太り」の中には「浮指」によって、歩いているときに重心がかかとに行くため、太ももやふくらはぎの外側に無駄な筋肉がついてしまっている場合もあります。
    また0脚の原因になったり、足の形が崩れたりします。
    「浮指」というのは、歩いているときに指でしっかり地面を踏めていないという足の状態です。
    スポーツ用品店などで自分の足に合わせた靴をカスタマイズできるような店舗でに行くと、立っているときの足のバランスが測定できる装置もありますが、家でもできる簡単なチェック方法もあります。
    しっかりと椅子に座り、足の裏を床につけたときに、指がきちんとついているかいないかでチェックができます。
    「浮指」を改善するには、足の形、サイズにあった靴を履きましょう。
    仕事やオシャレのためにパンプスをよく履く人は、あえて素足で足の指が床につくよう意識して生活したり、足の指の筋力をつけるトレーニングをしたり、普段歩いているときに重心がかかとだけにいかないよう、足裏全体を使って歩くよう意識しましょう。

「肥満太り」「むくみ」「筋肉太り」のいずれにも共通していえるのは、下半身が冷えているということです。
温めるグッズをつかったり、マッサージやストレッチをしましょう。
そして、骨盤のゆがみもリンパの流れや血流の妨げになります。
骨盤は出産や普段の姿勢で簡単にゆがみますので、正しい姿勢を心がけましょう

脚が太る原因を説明してきましたが、何度か「リンパ」という言葉が出てきました。
美意識の高い女性の多くは「リンパ」とはどんなものか知っていると思います。
でも「リンパ」とはどんなものか、正しく理解するために簡単に説明します。

リンパとは、一般的に「リンパ液」や「リンパ腺」の意味で使われていることが多いですね。
「リンパ液」とは、細胞組織から作られる液体です。
そのリンパ液にはリンパ細胞や白血球を含んでいます。
不要な老廃物や蛋白成分・ウイルスなど病原体を回収しながら、集合リンパ管(リンパ管)を通して心臓へ送られます。
簡単に例えるなら、リンパ液は下水、リンパ液を回収して心臓へ運ぶの下水道のようなものがリンパ管という感じです。
リンパ管は必ずどこかのリンパ節に繋がっていて、リンパ液はそこで濾過されます。
そのため「リンパ節」があるところには不要な老廃物や病原体がたまり、リンパ液の流れを妨げたり、炎症を起こしたりします。
リンパ管は静脈に絡みつくようなかたちで全身に広がっています。
末梢の細いリンパ管はだんだん太いリンパ管へ集まり、最終的には首の付け根にある頸部リンパ節につながり、鎖骨の下にある静脈角という部分で太い静脈につながります。
ここで注目したいのは、リンパ液の流れは、血液のように早い速度で体内を巡っているわけではないということです。
血圧や心拍などにより変化するものではなく、基本的にゆっくりと流れています。
そして、筋肉の収縮なのによって押し流されていますので、筋肉の収縮がない時にはほとんど流れていきません。
リンパ管が余計な水分や身体の老廃物などを運んで、血管を経て、最終的に体外へ排出してくれるというわけです。
しかし、リンパは血液のようには流れない。
だから、余計な水分と老廃物で太くなった脚は、温めて、もみほぐして、不要な水分と老廃物をリンパ管へ流すことが大切になります。
そのため「リンパドレナージュ」といってマッサージによりリンパの流れを促し、筋肉の収縮と弛緩を繰り返すことでさらに流れを増やします。
濾過機能があるリンパ節では、そこにリンパ液に含まれた病原体をリンパ球を含め白血球が処理している場所でもあります。
しかし、そのほかにも余計なものが詰まってしまい、リンパの流れを妨げてしまうので、詰まったリンパ節を揉みほぐし、リンパ液の流れをスムーズにすることも大切です。
リンパ節は主に頸部・腋窩部・腹部・骨盤部・鼠径部 に集中しています。
リンパ液は全身を巡っているので、リンパ液の流れを良くするためには主なリンパ節をマッサージし流れを良くする必要があります。
そして脚には膝の後ろ側にも膝窩リンパ節というリンパ節がありますので、脚を細くしたい場合は膝の裏側のリンパ節も揉みほぐす必要があります。

その上で、脚の先端から足の裏、ふくらはぎ、太ももへとリンパ液が流れるようにマッサージすると、脚が細くなるという仕組みがあります。

脚のリンパマッサージの方法は、こちらのサイトが分かりやすいですよ。
「EPARKリラク&エステ マッサージ・リラクゼーションの情報サイト」https://mitsuraku.jp/kiji/lymphatic-massage-legs

履くだけでいい。美脚になれるリンパマッサージスパッツ

リンパの役割とそのマッサージについて、ざっくりですが説明をしました。
さあ、自分でマッサージしましょう。
といっても、なかなか続けれないものですよね(笑)

そこで、マッサージと筋肉の運動以外に、なにかしら楽にリンパを刺激できる物はないかと思ってしまいますよね。
しかし、溜まった老廃物と脂肪でカチカチに固まっている脚はそう簡単には痩せることはできません。
つまりセルライトでガチガチの場合、まず、凝り固まったセルライトをほぐさなければいけません。

そこで、評判のいいグッズが存在しています。
【リンパマッサージセルライトスパッツ】です。
芸能人やモデルさんも使っていて、雑誌などでも紹介されているという人気商品なんです。

むくみ解消のための着圧タイツやストッキング、ソックス、サポーターなど、多数販売されています。
脚の下から上へ圧力が弱まるように作られ、脚のむくみを予防できるようになっています。
ですが、市販されているものはサイズはサイズの選択肢が少なく、着用できる人も限られます。

しかし、この【リンパマッサージセルライトスパッツ】は、大きめサイズがあるので、ぽっちゃりさんでも着用できます。
痩せたい!痩せなきゃ!!と、焦っているぽっちゃりさん。
早速、履きましょう。

しかも、テーピング理論に基づいてリンパの流れをよくするように作られているので、ただ圧をかけるだけではなく、筋肉の動きをサポートしてくれるようになっています。
そして太い脚に大敵の冷え
これも解消できるようゲルマニウムとチタンが繊維に含まれています
また骨盤をサポートして、姿勢、お尻、下腹部にもアプローチできます。

お値段はお手頃で、試して見ても損はないかと思います。

今はちょうど冬が始まったところ。寒いからパンツの下にタイツを履いたり、温かい繊維でできたスパッツを履いたりという人も多いですよね。
そんな今だから、しっかり履いて効果を体験する絶好のチャンスです。

ダイエットして体重は落ち、ぜい肉も減ったのに脚だけ太いままとお悩みの方、太い脚が気になるという方。
さっそく、【リンパマッサージセルライトスパッツ】のサイトをチェックしてみましょう。