【コンタクトレンズ】通販でも買えるんです。

コンタクトレンズの購入方法は?

コンタクトレンズを使用している皆さんは、どうやってコンタクトレンズを購入していますか?

  • 眼科クリニックにいって処方箋をもらってから、コンタクトレンズ屋さんに行く。
  • コンタクトレンズ屋さんにいき、商品を選んでから、指定された眼科クリニックへいって処方箋をもらって、またコンタクトレンズ屋さんへ行く
  • コンタクトレンズの販売をしている眼科クリニックへいき、そこで診察と購入を済ませる。
  • 度が入っていないカラーコンタクトレンズなので、お店で買う。

だいたいの方はこのような買い方だと思います。

しかし、コンタクトレンズを買わねばならないとき、行くの面倒だなあと思っている方が結構いるのではないかなと思います。
なぜなら私もそう思うからです。

  • 眼科クリニックの診療時間には、仕事があってなかなか行けないし、コンタクトレンズのお店も閉まってしまう
  • たとえ眼科クリニックに行っても混んでいて、処方箋をもらうのに時間がかかる。

こんなケースが多いのではないでしょうか。

一方で、度のはいっていないカラーコンタクトレンズがドラッグストアやインターネットで買えてしまうという現実に驚いています。
コンタクトレンズが販売され始めた頃は取り扱いのある眼科クリニックへ行かねば入手できなかったものです。

コンタクトレンズ販売の現実

コンタクトレンズは、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律)で、高度管理医療機器に指定されいます。
しかし、アメリカのように「医師の処方に従った販売」が法制化されていません。
つまり処方箋がなくてもコンタクトレンズは買うことができるということです。

でも、目というとても繊細なところに直接つけるコンタクトレンズです。
目を傷つけたり、感染症にかかったりなど、非常に心配です。
装着の方法や外し方、管理の仕方などの方法もしっかりできないといけません。

そのため、日本ではコンタクトレンズ屋さんが眼科クリニックと提携しているというケースが多いです。

たとえインターネットや店舗で買えるからといって、入手したとしても定期的に医師による目の健康診断が必要です。

最近は瞳が大きく見せるためのコンタクトレンズが販売されていますが、度が入っていなくてもコンタクトレンズを使用している方には、きちんと病院で目の健康診断を受けて欲しいですね。

  • どうしても忙しくて眼科クリニックに行っている時間がないが、コンタクトレンズが足りない。
  • 眼科には行ったが、コンタクトレンズ屋さんに行っている時間がない

そんなときに利用できるのが、インターネットでの購入です。
きちんと医師の処方がある上で、毎日使うものだから安く購入したいという方はもちろんインターネットでの購入も方法の1つですので、ぜひご利用いただきたいと思います。

インターネットでコンタクトレンズを買う

眼科医にきちんと目の検診をしてもらっているという前提で、この記事を書いています。
インターネットでコンタクトレンズを購入するメリットがあります。

  • お店で待たなくて良い
  • 時間を選ばない
  • 近くのお店で買うより安く買える可能性がある

こんなメリットがあります。
便利ですよね。

インターネットでコンタクトレンズを買うなら、「全国最安値に挑戦中!【アットレンズ】」がおすすめです。
コンタクトレンズのストックがないことに気づくときは、たいがいあと数日分という時です。
早く届いて、後払いができるので、便利です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA