【健康と美容に】オーガニックの「デイリーコーヒー」

コーヒーを飲む習慣ありますか

コーヒーを好きな方は毎日、何杯も飲みますよね。
ブラックコーヒーをガバガバと飲む人もいるでしょう。

ではなぜコーヒーを飲むのでしょう。

  • 眠気覚まし
  • 気分転換
  • 健康のため
  • おいしいから

など、飲む理由は人それぞれですよね。
でもたくさん飲む人ほどブラックで飲むのではないでしょうか。
甘い珈琲をたくさん飲むのは身体に良くありません。

せっかく飲むのなら、健康にも美容にもいいコーヒーを生活に取り入れてみませんか。

「健康にも美容にもいいコーヒー」・・・
気になりませんか?
気になりますよね。
そこで紹介します、健康維持・美容に!デイリーコーヒー」というコーヒーがあるのです。

健康・美容のためのオーガニック「デイリーコーヒー」

毎日、飲む習慣があるのなら、そのうち1杯でもデイリーコーヒーにしてみませんか?

砂糖を取り過ぎないように、ブラックコーヒーを飲むという方は多いでしょう。
砂糖の取り過ぎは健康にも、美容にも良くありません。
だから、健康維持・美容を考えたこだわりのオーガニックコーヒー「デイリーコーヒー」がおすすめなのです。

  • 朝のお通じでスッキリ感が感じられない
  • 健康を維持したい
  • 美容のために手軽に続けたい
  • コスパが気になる
  • 腸活中

こんな方には特におすすめです。

健康維持と美容のために、天然食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖、ミネラル、アミノ酸、αリポ酸、酵母などをバランスよく配合してあります。
そしてオーガニックの豆にこだわり、低カフェインになっています。

お湯でも水でも溶ける粉末タイプなので、どこでも手軽に飲めます。

以前は「ドクターコーヒー」という名前で販売されていたコーヒーです。

粉末タイプのコーヒーに乳酸菌が入っているの?
とおもいますよね。
しかも、デイリーコーヒーのホームページをみていただくと、
「乳酸菌(殺菌)」と記載
されています。

え、殺菌されちゃったら意味が無いのでは?
と思ってしまいますよね。
私も思いました。

そこで、ちょっと調べてみました。

殺菌されていても効果があるようです。
生きている乳酸菌だけが腸内環境に影響があるわけではありません。
生きている乳酸菌も腸に達するまでには胃酸などで死んでしまう菌もたくさんいます。
もちろん生きた乳酸菌も大切ですが、乳酸菌の死んだ菌体や乳酸菌が生産する物質が腸内環境に大きく関係しています。

(「乳酸菌(殺菌)」について参考になるサイト)
「TAKASHIMAYA|Well Being -かわしま屋の読みもの-」https://kawashima-ya.jp/contents/?p=14542

ぜひ、健康と美容のために「デイリーコーヒー」を生活にとりいれましょう!
健康維持・美容に!デイリーコーヒーの詳細とお申し込みは下のバナーから。



驚き!ヘアカラーの退色をケアできるシャンプー

髪の色の悩み

あなたの髪の色はどんな色ですか?

  • ヘアカラーで明るい色
  • ヘアカラーで白髪も一緒に隠してる暗めの色
  • なにもしてない生まれつきの色
  • 白髪交じりのグレイヘア

色々な髪の色がありますよね。

ヘアカラーと一言でいっても、いまは青、ピンク、オレンジといったカラフルな色もあります。
また、日本人の髪の地色に近いブラック、ライトブラック、ダークブラウン、ライトブラウンなど、地髪を活かした色の方が多いでしょうか。
サロンなどで染めてもらった直後は、とてもキレイに染まっていて、つやもあって気分もいいですよね。
でも、地髪の色を脱色してからカラフルな色や明るい色に染めた髪や地髪に混じる白髪が多い髪の方は、きっと気づいているはずです。

時間が経つと色が抜けてくるということです。
そして、色が抜けてくると独特なオレンジがかった色で、つやがなく、パサついて見えるということ。
そのため、そうなるまえにまたヘアカラーをするワケですが、なかなか時間がとれないのでサロンに行けないという人も多いはず。
オシャレな人のカラフルなヘアカラーも、伸びてきたらその部分をまたカラーリングしないといけないし、全体の色味も抜けているのでさらに染めなければ行けません。

また、カラーリングをしていない方でも、年齢とともに髪の艶がなくなってきます。
白髪も交じって年齢を感じる髪になってきていませんか?
でもカラーリングするほどではないし・・・と諦めている方もいるでしょう。

「キレイ」な髪でいたい

ヘアカラーした髪の方も、地髪の方も共通で思うことがあります。

「キレイ」な髪でいたい!
そう思いませんか?

さて「キレイな髪」って具体的にはどういうものでしょうか。

  • 艶がある
  • サロンで染めたてのような色が維持できている
  • パサついてなくてまとまりがある

などだと思います。

だからシャンプーを選ぶ時、ヘアカラーやパーマをかけた髪用のものや傷みをケアするものを選びますよね。
でも、その効果があるのかないのか微妙なこともありますね。

そこで、驚きのシャンプーに出会いました!
「rasica」とうい紫色のシャンプーです。

新発想うるつやグロスシャンプー【rasica】

ヘアカラーが段々抜けていくとき、赤みや黄色みのある色になっていきます。
特にダークな色や茶色の方は経験があると思います。
オレンジ色や褐色が目立つようになってきませんか?

その色、紫色を重ねると目立たなくなるようですよ。
その紫色はヘアカラーではありませんが、髪にグロスを塗るようなヘアケアができます。
髪はキューティクルが整い、髪に艶がでます

カラーヘアも地髪も艶があることでキレイに見えます。
しかも、染めたカラーを長持ちさせることができ、ダメージも補修してくれます。
また、ヘアカラーではないので、汚れの心配はありません。
そしてシャンプー中はとても良い香りなのに、シャンプー後に香りはのこらないので、
アウトバストリートメントやスタイリング剤の香りの邪魔になりません。

紫色がオレンジ色をカバーすると・・・
これに気づいた人ってすごいですね。

ヘアサロンなどで使われているシャンプーで、ネットで買えるサイトは1つ。
その【rasica】は下のバナーからどうぞ。



保水・保湿・美白が1本でできちゃいます【薬用部外品化粧水】

肌の潤い足りてますか?

20代も半ばを過ぎると、肌の調子が変わってきませんか?

  • もしかして乾燥してる?
  • シミができた?
  • なんだか肌色が冴えない?

など気になることが出てきますよね。
それは、認めたくないけれど老化の始まりのサインです。
それまで使ってきた基礎化粧品ではなんだか物足りないはず。
使っている化粧水は肌にきちんと浸透していますか?
20代後半ともなると、仕事もプライベートも充実して忙しい時期です。
バタバタとしている中でのスキンケア、パタパタととりあえず塗って済ませていませんか?
今はまだメイクでどうにかなっているから大丈夫かもしれません。
でも、数年先はどうでしょう。
始まった老化は進みます。
肌の老化が気になり始めるのは、だいたいが20代後半からです。
5年後、10年後の自分の肌はどうなっているでしょうか。
基礎化粧品、数年先を見据えて選んでみませんか?

まずは、老化の初期症状「乾燥」
しっかり肌を保湿することが大切です。
普段から肌にしっかりと水分を補給してあげましょう。

美白もしたい

肌の老化のサインに気づいてしまったあなた。
しっかり保湿することが大切なのは分かるけど、きちんと美白もしたい。
そう思うはず。

でも、多くの基礎化粧品は、保湿を目的とするもの美白を目的とするものかに分かれます。
選ぶのに悩みますよね。

見つけてしまったシミは気になります。
数年後はもっと増えるかも・・・。
そう思うとやっぱり美白用の基礎化粧品にすべきなのでしょうか。

非常に悩ましい問題です。
何か方法はないものでしょうか。

  • 美白用の基礎化粧品を使いながら、たまにしっかり保湿できるパックを使う。
  • 保湿用の基礎化粧品を使いながら、美白用の美容液などで追加ケアをする。

いくつか方法はありますね。
体調によって変わる肌にも対応できそうです。

でも、おすすめの方法があります。
しっかり肌に水分補給ができて美白もしっかりできる化粧水があるのです。
ポ─シャルムローション」です。



保湿も美白もかなえる「ポーシャルムローション」

ポ─シャルムローション」は導入美容水と医薬部外品の化粧水の2つの役割を1本で担います。
肌の老化がはじまると、肌自体が水分を維持できなくなってきます。
そのため、若々しい肌を維持するには、肌の表面だけではなく角質層の奥までしっかりと水分を補充する必要があります。
それをかなえるのがポーシャルムローションに採用されている「マイクロソーム構造」という技術です。
直径わずか1万分の1mmの小さなカプセルに8種の美容成分を濃縮し、角質層の奥まで美容成分を届けます。
そして、医薬部外品の美白成分「ダーマホワイト」が配合されているので、角質層の奥まで潤った肌にしっかりと美白成分が浸透して美白効果を発揮します。

すでに肌の老化のサインを通りこえ、乾燥がとても気になるという方ももちろん使えます。
乾燥で固くなった肌の細胞を柔らかくしてくれる成分も含まれています。
まだ大丈夫。早速「ポ─シャルムローション」でケアしましょう。



【基礎化粧品難民の皆様へ】地域・提携医療機関限定だったドクターズコスメが手に入る!

基礎化粧品難民とは

まず「基礎化粧品」とは何かというところです。
そのままカタカナ語にすると「ベースメイク」と勘違いされている方もいるかと思いますが、その前の段階のことを言います。
定番でいうと「化粧水と乳液」という、まず素肌につけるものです。
その「基礎化粧品」は非常にたくさんの製品があります。
成分も効果も値段もメーカーも様々です。

ところが、いつまでも自分にあった「基礎化粧品」に出会えない人が存在ます。
たくさんの種類があるのだから、どれかしら自分に合うものがあるはず。
そう信じて、あれこれ試します。
しかし、乾燥肌や敏感肌で、しみたり、ヒリヒリしたり、赤くなったり、ブツブツができたりとトラブルを招きます。
そうなると、皮膚科へいって塗り薬を処方されるのです。
処方される塗り薬は、症状により違いますが、

  • 軟膏
  • クリーム
  • ローション

のタイプです。

メイクどころかスキンケアすらできない。
塗るのは薬。

しかし、紫外線やホコリ、排気ガスなどの化学物質は容赦なく肌に刺激を与えてきます。

すると、また肌にトラブルが起き、皮膚科へ。
塗り薬で良くなっても、スキンケアができないままでいると、また肌トラブル・・・
そんな悲しいローテーション
があります。

そこでまた、基礎化粧品探しが始まります。
しかし、なかなか上手くいかない。。。。

こんな状態に陥っている人を「基礎化粧品難民」といいます。

社会では、社会人は化粧をするのがビジネスマナーと言われます。
でも化粧ができない人もいるのです。
そもそも基礎化粧品すら使えるものがないのですから。
しかし、それを理解してくれる上司というのは中々いません。

「基礎化粧品難民」「化粧品難民」でもあります。
皮膚科の先生でさえ、気持ちまで汲んでくれる先生はすくないでしょう。

「基礎化粧品難民」は、きちんとした仕事についても評価されないのでしょうか。
そもそもきちんとした仕事につくことすらかなわないのでしょうか。

社会的マイノリティーと言えるでしょう。

ぜひ、多くの方に理解してもらいたいものです。

「基礎化粧品難民」に理解のあるお医者様はいる

肌トラブル続きで、ことある事に皮膚科を受診されている方も多いのではないでしょうか。
ブツブツができたが、これくらいで医者に診てもらうのは気がひけると、自分で対応した結果、悪化し結局は医師のお世話になったという経験がある方もいるでしょう。
そして、また似たようにブツブツができたので、皮膚科へいくと、今度はたいしたことなく、「乳液とかで保湿して」と言われてしまったという人もいるでしょう。

「乳液」と一言にいわれても、使えるものがないのです。

「基礎化粧品難民」のこの思いを汲んでくれる一般の皮膚科の医師は、聞いた事がありませんでした。

ところが、いたのです!
その医師は鹿児島大学医学部出の皮膚科専門医の先生です。
先生は、肌バリアを損なう可能性が高いとして界面活性剤の使用に警鐘をならしています。
その先生は、京都大学医学部出身の再生医療研究者と基礎化粧品を共同監修しました。

界面活性剤を使わない期間を設けて肌の補修を図るプログラム『リペアリングキャンプ』用のドクターズコスメです。
その名は「Khs(キース)」
この基礎化粧品は鹿児島県内の提携医療機関でのみ販売されていました。
そんな、基礎化粧品がインターネットで一般販売されるようになりました。
全国の「基礎化粧品難民」にとって朗報ですね。

ドクターズコスメ「Khs」

ドクターズコスメというとお化粧品を思い浮かべる方も多いと思います。
ここで紹介したいのは「基礎化粧品」です。
つまり、化粧以前の問題で、すっぴん肌につける化粧水などの基礎の基礎です。
ドクターズコスメの基礎化粧品は外国ブランドのものなどにもあります。
数種類使ったことがありますが、やはり合う合わないという問題があります。
そして毎日使うものとしてはコストがかかるなどの問題もあります。
しかし、今回紹介するのは肌トラブル続きで、自分にあう基礎化粧品に出会えない「基礎化粧品難民」のために作られた日本人ドクターのコスメ「Khs」。
「まずはこれから試してみませんか?」と敏感肌、乾燥肌の患者さんに紹介するために作られたといいます。

ポイントは「シルクフィブロイン」が含まれていることです。

この「シルクフィブロイン」は高級化粧品の素材として使用されることが多いそうです。
「シルクフィブロイン」は、シルクに含まれるタンパク質「フィブロインタンパク」のみを特殊な方法で抽出したものです。
シルクは主にセリシンとフィブロインの2種類のタンパク質でできていますが、その約7割をフィブロインを占めています。
そしてその「シルクフィブロイン」は色々な産業で使用されています。
例えば、手術用の縫合糸として使用されています。
体内で吸収され消えるタイプと糸と言えば分かりやすいですね。

それを知ると基礎化粧品に含まれていても安心します。

では<>b「シルクフィブロイン」は、肌にどういいのでしょうか。
シルクフィブロインは皮膚への透過を促進させる効果が確認されています。
その力を利用して、美容成分を肌へ吸収させることができます。

自らの肌の力では水分を保ちきれず、敏感肌になっていたり、乾燥肌になっていたりという状態の「基礎化粧品難民」にとって、この作用はとてもありがたいものですね。
市販されている基礎化粧品にはたくさんの美容成分も入っているし、保湿成分も入っているけれど、効果がなかった、肌に異常がでてしまったなどは「基礎化粧品難民」にとっては当たり前です。
それらに「シルクフィブロイン」は含まれていたでしょうか?

高級化粧品や外国製品などに含まれているものもあるようですが、

  • 「試しに・・・」という気持ちで高額なものを購入するなんて無理
  • そんな成分を知らなかった

という人も多いでしょう。

界面活性剤を使用しない期間をつくり、この「Khs」で肌バリアを補修してみませんか?
「Khs」には、化粧水とクリームがあります。
特にクリームにはシルクフィブロインが40%以上含まれています。
潤った素肌を目指してみませんか?
「Khs」の購入は下のバナーからお願いします。



男性にスキンケアをおすすめしたい【俳優さんも使ってます!】

男性のスキンケア事情

男性にとってスキンケアというと、思春期ニキビができて、洗顔フォームを使い始めるというのがスキンケアのきっかけではないでしょうか。

ひとむかし、ふたむかし前は、ニキビは顔の脂っぽいからと「さっぱり洗う」ということが重要視されました。
しかし、今は、しっかり洗顔した後はしっかり保湿してあげるのが基本になっています。

昔は顔に何か塗るのは女性だけ・・・というイメージがありました
しかし、男性でも、

  • お風呂上がりや洗顔後
  • 冬場に自転車やバイクでの通学通勤

などで、肌の乾燥を感じたことはあるはず

でも保湿ケアをしてこなかった30代以上の男性にとって、顔に何か塗るのは抵抗があるという人もいるでしょう。
顔になにか塗るというと、

  • ひげそりはカミソリ派という方がシェービング後にケアするローションなど
  • ニキビの塗り薬
  • 海水浴やゴルフの時の日焼け止め

などでしょうか。

世の中にはすでに男性用のスキンケア用品は、多数存在しているのですが、ドラッグストアなどではなかなか見かけないですし、男性用コスメなどのコーナーもなかなか見かけません。
女性の行かない髭剃りのコーナーにあるでしょうか。
地域差はあると思いますが、ドラッグストアで男性を見かけること自体が少ない気がします。
一人暮らしをしている男性が多い地域では、もちろん多くの男性が日用品を買いにくると思います。
きっと、そのような地域では男性がスキンケアコーナーに立ち寄ることも多いかなと思います。

特に若い男性の間では、スキンケアは身だしなみのひとつとして基本になってきています。

「『スキンケア』は女性のもの」というイメージはなくなりつつあります。

いまどきの男子はもう始めています!
ニキビを含め肌トラブルは老若男女を問わず起きるものです。
しかし、きれいな素肌は好印象です。

男盛りだからこそスキンケア

「いまどきの男子」というと10代後半~20代のイメージでしょうか。
オシャレにも興味をもったり、女子の視線を気にしたりする時期でもあります。
やっぱり肌はきれいな方がいいですよね。
清潔感がでます。

さて、「いまどき」ではない30代。
老化が出始めるはじめるお年頃ですね。
30代になると、男性の顔の雰囲気が変わってみえることがあります。
痩せたような、疲れているような・・・
これぞ、老化です。

  • 気にしてないが、進む乾燥
  • 目立つようになってきた毛穴
  • 無くなりだしたハリ

自覚はなくとも、ケアをはじめましょう。

健康的な素肌はとてもその人のイメージを良くします。
「人は見た目じゃない」といいます。
しかしながら、ビジネスの世界では「見た目が7割」です。
仕事で、特に初めて会う人の多い職種の人は、初めてお目にかかる時の第一印象が全てです。
お客様や相手の方は、見た目7割で第一印象が決まります。

仕事も任されるようになったり、部下もふえたりしますね。
職場内でも良い印象をもってもらうのが重要になります。
もちろんプライベートも充実し、人脈が広がり、良い印象を待ってもらいたいですよね。
だからこそ、スキンケアを始めましょう!!
そしてスキンケアを始めるなら、シンプルなケアが継続のカギ。
そこで男の肌トラブルを防ぐメンズコスメ!【ARES45】をおすすめします。

男の肌トラブルを防ぐ。メンズコスメ【ARES45°】

男性も30代になると、肌の老化が出てきます。
老化だけではなく肌トラブルでお悩みの方もいます。
そして肌の弱い男性もいます。

最近では常時マスクをしていることで、肌トラブルが続出していますよね。
マスクによる肌トラブルは、マスクの繊維による外部刺激もあるでしょうし、長時間マスクをすることで雑菌が増えているという原因もあります。

だからこそ、今、スキンケアを始めましょう。

紹介するのは、メンズエステサロンが作る男性のコスメ【ARES45】
約10年の研究開発の成果です。
敏感肌でも使えるという商品です

なかでも洗顔フォームとオールインワン乳液のシンプルケアコースのセットがおすすめです。

  • 洗顔フォーム・・・余分なものを落とし、必要なものを残すという基本を実現した洗顔フォーム。濃密な泡で洗顔し、肌に必要な潤いを残してくれます。
  • オールインワン乳液・・・潤いを与え、肌を守り、手軽に肌の性質を変え、美しい肌へ導きます。また、男性は化粧をするわけではないので、テカらない、ベタつかないテクスチャー。

このセットで手軽にスタートしましょう。

スキンケア情報の少ないメンズコスメ、そしてスキンケア初心者の男性諸君のために、商品のホームページでは使い方が写真つきで丁寧に説明されています。
ぜひ、下のバナーからご覧ください。