【健康と美容に】オーガニックの「デイリーコーヒー」

コーヒーを飲む習慣ありますか

コーヒーを好きな方は毎日、何杯も飲みますよね。
ブラックコーヒーをガバガバと飲む人もいるでしょう。

ではなぜコーヒーを飲むのでしょう。

  • 眠気覚まし
  • 気分転換
  • 健康のため
  • おいしいから

など、飲む理由は人それぞれですよね。
でもたくさん飲む人ほどブラックで飲むのではないでしょうか。
甘い珈琲をたくさん飲むのは身体に良くありません。

せっかく飲むのなら、健康にも美容にもいいコーヒーを生活に取り入れてみませんか。

「健康にも美容にもいいコーヒー」・・・
気になりませんか?
気になりますよね。
そこで紹介します、健康維持・美容に!デイリーコーヒー」というコーヒーがあるのです。

健康・美容のためのオーガニック「デイリーコーヒー」

毎日、飲む習慣があるのなら、そのうち1杯でもデイリーコーヒーにしてみませんか?

砂糖を取り過ぎないように、ブラックコーヒーを飲むという方は多いでしょう。
砂糖の取り過ぎは健康にも、美容にも良くありません。
だから、健康維持・美容を考えたこだわりのオーガニックコーヒー「デイリーコーヒー」がおすすめなのです。

  • 朝のお通じでスッキリ感が感じられない
  • 健康を維持したい
  • 美容のために手軽に続けたい
  • コスパが気になる
  • 腸活中

こんな方には特におすすめです。

健康維持と美容のために、天然食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖、ミネラル、アミノ酸、αリポ酸、酵母などをバランスよく配合してあります。
そしてオーガニックの豆にこだわり、低カフェインになっています。

お湯でも水でも溶ける粉末タイプなので、どこでも手軽に飲めます。

以前は「ドクターコーヒー」という名前で販売されていたコーヒーです。

粉末タイプのコーヒーに乳酸菌が入っているの?
とおもいますよね。
しかも、デイリーコーヒーのホームページをみていただくと、
「乳酸菌(殺菌)」と記載
されています。

え、殺菌されちゃったら意味が無いのでは?
と思ってしまいますよね。
私も思いました。

そこで、ちょっと調べてみました。

殺菌されていても効果があるようです。
生きている乳酸菌だけが腸内環境に影響があるわけではありません。
生きている乳酸菌も腸に達するまでには胃酸などで死んでしまう菌もたくさんいます。
もちろん生きた乳酸菌も大切ですが、乳酸菌の死んだ菌体や乳酸菌が生産する物質が腸内環境に大きく関係しています。

(「乳酸菌(殺菌)」について参考になるサイト)
「TAKASHIMAYA|Well Being -かわしま屋の読みもの-」https://kawashima-ya.jp/contents/?p=14542

ぜひ、健康と美容のために「デイリーコーヒー」を生活にとりいれましょう!
健康維持・美容に!デイリーコーヒーの詳細とお申し込みは下のバナーから。



驚き!ヘアカラーの退色をケアできるシャンプー

髪の色の悩み

あなたの髪の色はどんな色ですか?

  • ヘアカラーで明るい色
  • ヘアカラーで白髪も一緒に隠してる暗めの色
  • なにもしてない生まれつきの色
  • 白髪交じりのグレイヘア

色々な髪の色がありますよね。

ヘアカラーと一言でいっても、いまは青、ピンク、オレンジといったカラフルな色もあります。
また、日本人の髪の地色に近いブラック、ライトブラック、ダークブラウン、ライトブラウンなど、地髪を活かした色の方が多いでしょうか。
サロンなどで染めてもらった直後は、とてもキレイに染まっていて、つやもあって気分もいいですよね。
でも、地髪の色を脱色してからカラフルな色や明るい色に染めた髪や地髪に混じる白髪が多い髪の方は、きっと気づいているはずです。

時間が経つと色が抜けてくるということです。
そして、色が抜けてくると独特なオレンジがかった色で、つやがなく、パサついて見えるということ。
そのため、そうなるまえにまたヘアカラーをするワケですが、なかなか時間がとれないのでサロンに行けないという人も多いはず。
オシャレな人のカラフルなヘアカラーも、伸びてきたらその部分をまたカラーリングしないといけないし、全体の色味も抜けているのでさらに染めなければ行けません。

また、カラーリングをしていない方でも、年齢とともに髪の艶がなくなってきます。
白髪も交じって年齢を感じる髪になってきていませんか?
でもカラーリングするほどではないし・・・と諦めている方もいるでしょう。

「キレイ」な髪でいたい

ヘアカラーした髪の方も、地髪の方も共通で思うことがあります。

「キレイ」な髪でいたい!
そう思いませんか?

さて「キレイな髪」って具体的にはどういうものでしょうか。

  • 艶がある
  • サロンで染めたてのような色が維持できている
  • パサついてなくてまとまりがある

などだと思います。

だからシャンプーを選ぶ時、ヘアカラーやパーマをかけた髪用のものや傷みをケアするものを選びますよね。
でも、その効果があるのかないのか微妙なこともありますね。

そこで、驚きのシャンプーに出会いました!
「rasica」とうい紫色のシャンプーです。

新発想うるつやグロスシャンプー【rasica】

ヘアカラーが段々抜けていくとき、赤みや黄色みのある色になっていきます。
特にダークな色や茶色の方は経験があると思います。
オレンジ色や褐色が目立つようになってきませんか?

その色、紫色を重ねると目立たなくなるようですよ。
その紫色はヘアカラーではありませんが、髪にグロスを塗るようなヘアケアができます。
髪はキューティクルが整い、髪に艶がでます

カラーヘアも地髪も艶があることでキレイに見えます。
しかも、染めたカラーを長持ちさせることができ、ダメージも補修してくれます。
また、ヘアカラーではないので、汚れの心配はありません。
そしてシャンプー中はとても良い香りなのに、シャンプー後に香りはのこらないので、
アウトバストリートメントやスタイリング剤の香りの邪魔になりません。

紫色がオレンジ色をカバーすると・・・
これに気づいた人ってすごいですね。

ヘアサロンなどで使われているシャンプーで、ネットで買えるサイトは1つ。
その【rasica】は下のバナーからどうぞ。



保水・保湿・美白が1本でできちゃいます【薬用部外品化粧水】

肌の潤い足りてますか?

20代も半ばを過ぎると、肌の調子が変わってきませんか?

  • もしかして乾燥してる?
  • シミができた?
  • なんだか肌色が冴えない?

など気になることが出てきますよね。
それは、認めたくないけれど老化の始まりのサインです。
それまで使ってきた基礎化粧品ではなんだか物足りないはず。
使っている化粧水は肌にきちんと浸透していますか?
20代後半ともなると、仕事もプライベートも充実して忙しい時期です。
バタバタとしている中でのスキンケア、パタパタととりあえず塗って済ませていませんか?
今はまだメイクでどうにかなっているから大丈夫かもしれません。
でも、数年先はどうでしょう。
始まった老化は進みます。
肌の老化が気になり始めるのは、だいたいが20代後半からです。
5年後、10年後の自分の肌はどうなっているでしょうか。
基礎化粧品、数年先を見据えて選んでみませんか?

まずは、老化の初期症状「乾燥」
しっかり肌を保湿することが大切です。
普段から肌にしっかりと水分を補給してあげましょう。

美白もしたい

肌の老化のサインに気づいてしまったあなた。
しっかり保湿することが大切なのは分かるけど、きちんと美白もしたい。
そう思うはず。

でも、多くの基礎化粧品は、保湿を目的とするもの美白を目的とするものかに分かれます。
選ぶのに悩みますよね。

見つけてしまったシミは気になります。
数年後はもっと増えるかも・・・。
そう思うとやっぱり美白用の基礎化粧品にすべきなのでしょうか。

非常に悩ましい問題です。
何か方法はないものでしょうか。

  • 美白用の基礎化粧品を使いながら、たまにしっかり保湿できるパックを使う。
  • 保湿用の基礎化粧品を使いながら、美白用の美容液などで追加ケアをする。

いくつか方法はありますね。
体調によって変わる肌にも対応できそうです。

でも、おすすめの方法があります。
しっかり肌に水分補給ができて美白もしっかりできる化粧水があるのです。
ポ─シャルムローション」です。



保湿も美白もかなえる「ポーシャルムローション」

ポ─シャルムローション」は導入美容水と医薬部外品の化粧水の2つの役割を1本で担います。
肌の老化がはじまると、肌自体が水分を維持できなくなってきます。
そのため、若々しい肌を維持するには、肌の表面だけではなく角質層の奥までしっかりと水分を補充する必要があります。
それをかなえるのがポーシャルムローションに採用されている「マイクロソーム構造」という技術です。
直径わずか1万分の1mmの小さなカプセルに8種の美容成分を濃縮し、角質層の奥まで美容成分を届けます。
そして、医薬部外品の美白成分「ダーマホワイト」が配合されているので、角質層の奥まで潤った肌にしっかりと美白成分が浸透して美白効果を発揮します。

すでに肌の老化のサインを通りこえ、乾燥がとても気になるという方ももちろん使えます。
乾燥で固くなった肌の細胞を柔らかくしてくれる成分も含まれています。
まだ大丈夫。早速「ポ─シャルムローション」でケアしましょう。



男性にスキンケアをおすすめしたい【俳優さんも使ってます!】

男性のスキンケア事情

男性にとってスキンケアというと、思春期ニキビができて、洗顔フォームを使い始めるというのがスキンケアのきっかけではないでしょうか。

ひとむかし、ふたむかし前は、ニキビは顔の脂っぽいからと「さっぱり洗う」ということが重要視されました。
しかし、今は、しっかり洗顔した後はしっかり保湿してあげるのが基本になっています。

昔は顔に何か塗るのは女性だけ・・・というイメージがありました
しかし、男性でも、

  • お風呂上がりや洗顔後
  • 冬場に自転車やバイクでの通学通勤

などで、肌の乾燥を感じたことはあるはず

でも保湿ケアをしてこなかった30代以上の男性にとって、顔に何か塗るのは抵抗があるという人もいるでしょう。
顔になにか塗るというと、

  • ひげそりはカミソリ派という方がシェービング後にケアするローションなど
  • ニキビの塗り薬
  • 海水浴やゴルフの時の日焼け止め

などでしょうか。

世の中にはすでに男性用のスキンケア用品は、多数存在しているのですが、ドラッグストアなどではなかなか見かけないですし、男性用コスメなどのコーナーもなかなか見かけません。
女性の行かない髭剃りのコーナーにあるでしょうか。
地域差はあると思いますが、ドラッグストアで男性を見かけること自体が少ない気がします。
一人暮らしをしている男性が多い地域では、もちろん多くの男性が日用品を買いにくると思います。
きっと、そのような地域では男性がスキンケアコーナーに立ち寄ることも多いかなと思います。

特に若い男性の間では、スキンケアは身だしなみのひとつとして基本になってきています。

「『スキンケア』は女性のもの」というイメージはなくなりつつあります。

いまどきの男子はもう始めています!
ニキビを含め肌トラブルは老若男女を問わず起きるものです。
しかし、きれいな素肌は好印象です。

男盛りだからこそスキンケア

「いまどきの男子」というと10代後半~20代のイメージでしょうか。
オシャレにも興味をもったり、女子の視線を気にしたりする時期でもあります。
やっぱり肌はきれいな方がいいですよね。
清潔感がでます。

さて、「いまどき」ではない30代。
老化が出始めるはじめるお年頃ですね。
30代になると、男性の顔の雰囲気が変わってみえることがあります。
痩せたような、疲れているような・・・
これぞ、老化です。

  • 気にしてないが、進む乾燥
  • 目立つようになってきた毛穴
  • 無くなりだしたハリ

自覚はなくとも、ケアをはじめましょう。

健康的な素肌はとてもその人のイメージを良くします。
「人は見た目じゃない」といいます。
しかしながら、ビジネスの世界では「見た目が7割」です。
仕事で、特に初めて会う人の多い職種の人は、初めてお目にかかる時の第一印象が全てです。
お客様や相手の方は、見た目7割で第一印象が決まります。

仕事も任されるようになったり、部下もふえたりしますね。
職場内でも良い印象をもってもらうのが重要になります。
もちろんプライベートも充実し、人脈が広がり、良い印象を待ってもらいたいですよね。
だからこそ、スキンケアを始めましょう!!
そしてスキンケアを始めるなら、シンプルなケアが継続のカギ。
そこで男の肌トラブルを防ぐメンズコスメ!【ARES45】をおすすめします。

男の肌トラブルを防ぐ。メンズコスメ【ARES45°】

男性も30代になると、肌の老化が出てきます。
老化だけではなく肌トラブルでお悩みの方もいます。
そして肌の弱い男性もいます。

最近では常時マスクをしていることで、肌トラブルが続出していますよね。
マスクによる肌トラブルは、マスクの繊維による外部刺激もあるでしょうし、長時間マスクをすることで雑菌が増えているという原因もあります。

だからこそ、今、スキンケアを始めましょう。

紹介するのは、メンズエステサロンが作る男性のコスメ【ARES45】
約10年の研究開発の成果です。
敏感肌でも使えるという商品です

なかでも洗顔フォームとオールインワン乳液のシンプルケアコースのセットがおすすめです。

  • 洗顔フォーム・・・余分なものを落とし、必要なものを残すという基本を実現した洗顔フォーム。濃密な泡で洗顔し、肌に必要な潤いを残してくれます。
  • オールインワン乳液・・・潤いを与え、肌を守り、手軽に肌の性質を変え、美しい肌へ導きます。また、男性は化粧をするわけではないので、テカらない、ベタつかないテクスチャー。

このセットで手軽にスタートしましょう。

スキンケア情報の少ないメンズコスメ、そしてスキンケア初心者の男性諸君のために、商品のホームページでは使い方が写真つきで丁寧に説明されています。
ぜひ、下のバナーからご覧ください。



【質の良い睡眠を】GABA配合カフェインレスコーヒー

質の良い睡眠とは

あなたは質の良い睡眠がとれていますか?
そう聞かれたとき、「はい」と答えられる人はとても少ないと思います。

朝目覚めたとき、

  • 疲れがのこっている
  • すっきり起きることができない
  • まだ眠りたい
  • 身体が疲れている

こんな症状はありませんか?

それは、質の良い睡眠がとれていない証拠です。
「質の良い睡眠」については過去の記事(下の記事)、

で何度か取り上げてきましたので、詳細について知りたいという方は上の記事をご覧ください。

ここでは、質の良い睡眠について簡単に説明します。
睡眠には、「レム睡眠(浅い眠り)」「ノンレム睡眠(深い眠り)」があり、90~120分の周期で繰り返しています。
その最初サイクルの90分は「黄金の90分」と呼ばれます。
一晩の睡眠の中で一番深いノンレム睡眠が含まれるためです。
この一番深いノンレム睡眠をきちんととれるかが一晩の眠りの質を左右するといっても過言ではありません。
「黄金の90分」の時に訪れる最も深い睡眠時にはたくさんの成長ホルモンが分泌されます。
その成長ホルモンは、その名のとおり子どもの成長には欠かせないものですが、大人にとってもとても大切なホルモンです。
成長ホルモンは傷付いたり疲れたりした細胞を修復する作用があり、昼間の活動で疲れた脳細胞の回復にも役に立ちますし、女性にとっては肌をきれいにするなどの作用があるので「シンデレラタイム」とも言われたりしますね。
「黄金の90分」を含め、ノンレム睡眠の時には寝返りがきちんと打てることが大切で、睡眠時に身体が自由に動けることで、前日の身体の疲れも睡眠時の身体の疲れも軽減されるのです。
そのため、掛け布団、マットレス、枕など、睡眠時の環境を整えることが大切です。

掛け布団、マットレス、枕、パジャマ、室温、光など物理的な環境を整えることが大切だというのは、納得いただけると思います。

しかしながら、精神面での環境はいかかですか?

  • 布団に入っても心配事があって眠れない
  • 昼間の仕事のイライラを引きずってしまっている
  • 睡眠時間を確保するために、布団に入っても、目が冴えてしまう

 

ストレスの多いこの時代、こんな方もたくさんいることでしょう。

そんなストレスを寝る前に緩和することも、質の良い睡眠をとるために必要なことですよね。

昼間のストレスは寝る前に緩和しましょう

寝る前に昼間のストレスは緩和しておきましょう。

さて、どうやって緩和しましょうか?

  • 夕食時に少々の飲酒
  • 良い匂いの入浴剤をいれてお風呂でゆったり
  • 軽い運動やストレッチをする
  • アロマやキャンドルでリラックス
  • ハーブティーやお気に入りの香りのする飲み物でリラックス

など、人それぞれに方法があると思います。

ストレスの緩和と言えば、「コーヒー」という人も中にはいると思います。
「コーヒー=カフェイン=眠れない」という方程式が成り立つ方もいると思いますが、
コーヒー大好きな人は飲んでも寝られるという不思議なこともあるのです。

日中、仕事の合間にコーヒーで一息という人は多いですよね。
コーヒーの香りでリラックスできるという人もいますし、味が好きという人もいるでしょう。

私もコーヒー大好き人間で、コーヒーをハンドドリップする時間は無心になれる時間ですし、コーヒーを飲んでいる間もリラックスタイムです。

お昼寝前にコーヒーを飲むとお昼寝後、スッキリ目覚められ、午後の仕事の効率がよいという話も聞いたことがあります。

「コーヒー=カフェイン」というイメージはどなたもご存じのとおりですが、カフェインについて少し勉強してみましょう。

カフェインとは

カフェインと言えばコーヒーというくらい、コーヒーのもつ特徴的な成分です。
しかし、緑茶などのお茶類やココアなどにも含まれています。

カフェインの効能は

  • 眠気覚ましなどの興奮作用
  • 尿の排出を促す利尿作用
  • 自律神経の働きを高める(交感神経刺激・基礎代謝促進作用)
  • 集中力を高め作業能率の向上
  • 運動能力の向上
  • 胃酸分泌促進作用

など様々な効果があります。
また、

  • 覚醒作用
  • 解熱鎮痛作用
  • 血管拡張作用

があり、眠気、倦怠感、頭痛などに効果があるとして医薬品としても使用されています。

そんな効果のあるカフェインを含んだコーヒーですが、客観的にみると「質の良い睡眠」をとるには逆の作用の方が多い様に感じます。
そこで、今は「デカフェ」「カフェインレス」という、カフェインが少ない、または含まれないコーヒーもたくさん販売されていますね。
そんな「カフェインレスコーヒー」「機能性表示食品」のコーヒーができました。
それも「【カフェサプリ GABA】」といい、夜はぐっすり、朝はすっきりという機能性表示食品のコーヒーです。

GABA(ギャバ)とは

「GABA(ギャバ)」という言葉は、ひと昔くらい前から「ストレスを緩和する」という成分ということで、話題になった成分です。
チョコレートなどで「GABA(ギャバ)」を含んでいることを売りにしている製品もありますね。

ところで「GABA(ギャバ)」ってなんでしょうか?
そこで調べてみました。
「GABA」は植物や動物(もちろんヒトを含みます)に存在する、天然のアミノ酸のひとつです。
γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、「GABA(ギャバ)」と呼ばれています。
アミノ酸というとタンパク質を作るものというのが一般的なところですが、この「GABA」は主に脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として働いています。
興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割を果たしています。

では具体的に「GABA」はどう働くのでしょうか。
「GABA」には、気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」があります。
人間はストレスを受けると、脳は興奮状態になります。その結果「イライラ」します。
しかし、「GABA」は、脳に存在する抑制系の神経伝達物質として、ストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせる働きをします。
ドーパミンなどの興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑え、リラックスした状態をもたらしてくれます。

ストレスがたくさんある現代社会では体内でつくられる「GABA」は不足しがちです。
ストレスがあると、「GABA」をたくさん必要とする上に、ストレスがかかる事で作られる「GABA」の量が減ります。
また、加齢によっても体内の「GABA」は少なくなる傾向があります。

ということは、興奮系の神経伝達物質が過剰に分泌するのを抑えることができなくなります。
その結果、リラックスできず、イライラを抱えたままであったり、精神的に緊張をしたままという不健康な状態が続きます。
そのため「GABA」を外から補充しなければいけません。

でも、どれくらい補充すればよいのかが気になりますね。

調べてみると「GABA」の効果は、1回で30mg以上の摂取で効果があるといいます。
また、よりその効果を得たいという場合は50~100mgの摂取をすすめています

摂取方法はもちろん食物からでもいいですし、サプリメントを利用するのもおすすめです。

「GABA」を食物から摂取するのであれば、

  • 発芽玄米・・・100gあたり10mgのGABAが含まれます。白米の10倍です。
  • トマト、なす、アスパラガス、かぼちゃ、きゅうり、メロン、みかんなどの野菜や果物
  • 漬物、キムチなどの一部の発酵食品

に多く含まれています。
こういった食品を食事に取り入れるのも工夫のひとつですね。

また、キムチからGABAを効率良く生産できる乳酸菌が発見されました。
その乳酸菌を利用して、チョコレートや飴、コーヒーや醤油など、ギャバを添加した多くの食品が開発、販売されています。

そこでおすすめしたいのが【カフェサプリ GABA】

【カフェサプリGABA】のすすめ

「GABA」の効果については上で書いたとおり、脳の興奮を抑えるという効果があります。
一方で、仕事中の気分転換や脳のリフレッシュにコーヒーを愛飲する人は、夜でもコーヒーを飲みたいと思う人も多いですよね。
そこで、カフェインレスで「GABA」が入った【カフェサプリ GABA】がおすすめなのです。
コーヒーとして飲めるのに、脳を興奮させるカフェインは入っていない上、脳の興奮を抑える「GABA」が摂取できるのです。
食事だけで「GABA」を必要なだけ摂取するのはなかなか難しいです。
でも、飲み物であればいつでも飲めます。

  • 仕事の合間に
  • 帰宅してちょっと一服
  • 夕食後に
  • 就寝前のリラックスタイムに

など、飲み物として生活に取り入れるのはとても簡単です。

【カフェサプリ GABA】は「GABA」の効果で

  • 睡眠時の脳の興奮を抑えることができるので、質の良い睡眠につながる
  • 質の良い睡眠がとれれば、朝の目覚めはスッキリ
  • デスクワークなど一時的な疲労回復にもなる

などが期待でき、昼間の活動も充実したものにできそうですね。

「GABA」の吸収には個人差があるので、飲む量には注意が必要そうです。
この【カフェサプリ GABA】では、1杯で100mgのGABAが摂取でき、2杯以上飲んでも問題の無いように作られていますが、まずは1日1杯から試してみるのが良いですね。
また「カフェインレス」と言っていますが、これは「ノンカフェイン」という意味ではありません。
この【カフェサプリ GABA】では97%のカフェインがカットされていますが、カフェインは含まれていますので妊娠中の方はご注意ください。